fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

健常者、障害者、100%の理解ができなくても 別の角度からは理解できてることもある。

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております
藤田 ちぐさ です。
主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談
(保育士の経験もありますので色々な方向から) 
人間関係など・・・
心が傷ついて考えても
同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、
一度のぞきにいらしてみてください。
お役にたてれば幸いです。
fujita counseling ふじたカウンセリング 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

ふじたカウンセリング ホームページです。
facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 
ふじたカウンセリングFacebook

アメブロ過去記事2020の年8月27日投稿記事より…

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m
ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。
私のブログで何かの助けになれますことをがあれば
大変有難く嬉しく思います。
今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

「健常者、障害者、100%の理解ができなくても
別の角度からは理解できてることもある。」

 

(この記事は

2014年8月19日に投稿した記事です。

過去記事のさらに過去記事です。

尊敬するセラピストに

先日ブログにコメントさせていただいたら

お返事が、この記事に触れる内容でしたので

改めて再度投稿したくなりました。

私にとっては大事な記事です。

イケメン息子が高校の頃の記事なので

もう、6年前ですね。

加筆修正と抜粋して出しますね。)
👇以下より。。。

 

本日の記事は2014年2月14日に

投稿された記事を少しばかり加筆して

再投稿したものです…

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^


昨日イケメン息子の高校で
ある冊子が配布されました。

 

去年の夏休みの課題

 

 「人権」 についての作文で

優れていると思われる作品を
まとめた冊子です。

 

この中に、イケメン息子の親友S君の作文が
掲載されていました。

ちなみに、イケメン息子は
この作文を書くことを 「拒否」しました。

「人権について書くことの意味が分からない。
こういうことを書かされること自体が

人を上から目線で
見下す行為にしか思えない。」


と担任に話して拒否です^^;

けれど、そういう彼の想いを担任は理解し


「そういう物の見方もあるね。」

 

 

と流してくださったことに感謝です…

(でも、しっかり点数は
減点されてると思いますけどね^^;)

さて、この親友S君。
彼から掲載の許可をいただきました。

全文は載せれませんが一部抜粋して。

今 自分が一番腹が立つのはテレビ番組だ。
よくあるチャリティー番組では
完全に中世の見世物みたいなものだ。

ダウン症の人を使って持ち上げて
これを電波にのせて流して
一体何を伝えたいのか全く分からない。
ダウン症の人たちを使ってゴリ押しで

(頑張ってます)

みたいな雰囲気出して
視聴率とお金集めたりして

 

それを見て可哀想とかいう視聴者もまとめて
障害者を侮辱してるのに相当すると思う。

健常者が少し練習したら出来ることを
障害者にやらして感動を煽って、
もう馬鹿にしてるとしか自分には思えない。
ダウン症の人を利用して見世物にしてるのに
尊厳も何もないと思う。


イケメン息子が書かなかった理由と
S君の作文内容はリンクする。

そして、S君もイケメン息子も ある意味
健常者ではないのです。

S君については伏せますが
イケメン息子は見た目は分かりませんが
呼吸が健常者の方より上がりやすい。

 

(4歳と6歳の時、胸の手術をしたのですが
その後の定期検査によって
別のところから「呼吸が上がりやすい。」
ということが判明しまして。)

 

日常生活に支障はほとんどない。

 

 
それは
(日常生活に支障がないという点では)

S君も似てます。


二人は互いがそういう問題を抱えつつ
誰かに理解してもらうことの困難さを共有し、
そして、健常者の人に対して
上っ面の言葉を並べ立てることに
違和感を感じているようです。

 

 

S君は冒頭でこう書いてます。
 
障害者を保障する

「障害者権利条約」
というあらゆる障害のある人の尊厳と権利を
保障する為の条約がある。

 

自分としてはこんな条約を

作らなければいけない時点で
糞みたいな社会だと思う。

 

 

ここで気が付かれた方も

おられるかもしれませんが

S君は
がいではなく
と書いている。
 

 

べっぴん娘はこのことについても

違和感をもって話したことがある。

「障者を障い者 にしたり 
を子どもにしたり、気持ち悪い。」

 

と表現しました。


「子供の 共は

供えるという意味があるからやめよう。
障害者の 害を がいに変えるのも 
害ではないからやめよう?」
それは

 

「そういう発想した人自体が

 

差別してるいる意識が
あるからじゃないの?」
 
と。


つまりは

上から目線者の発想でしょ? と。

 

 

では
健常者と障害者は理解しあえないのか?


S君の締めくくりにはこう書かれていました。

人は自分より弱いと思っている者には
見下したりする特性みたいなものがある。

 

だから、障害者の人権が無視されたりする。

 

 

だから、まず知ってもらうということが
一番大事であり、偏見をなくすのに
一番有効な手段だと僕は思う。

それをすることで
障害者がより過ごしやすい社会が
成り立っていくと自分は思う。
そうなることを願う。


(イケメン息子の高校の校長先生は
表現が適切でないと思われる言葉も
「あえてそのまま掲載しています」…と、
「はじめに」の挨拶のところで
書いてくださっています。

彼らの想いをそのまま
載せてくださったんだと思うのです…)

 

 

イケメン息子は

このS君の作文が掲載されたことを

本当に心から喜んでいました。


今までにない喜びようでした。

誰かのことを思って喜ぶ姿を見たのは 

もしかしたら

これが初めてかもしれません…


私はいつも言います。

「若い人は知性にあふれています。
そして、彼らの考えに

正しいも間違いもない。

こうして

自分の考えを
出せること自体が素晴らしい。」

 

 


現実はどうだとか、実際はどうだとか、

(皆が皆
例えば、障害者の方皆が皆
S君やイケメン息子と同じように
思うわけじゃないからね…)


そんなことは


どうでもええんです。


私等大人は、ただ黙って

彼ら彼女らの言葉に

耳を傾けることが大事であり

そして時には大人たちは


「襟を正し」
「反省もしなければいけない」


かもしれません。

今日は
「「人権」… 健常者 障害者 

それぞれの立場の温度差。」 

についてでした。


今日のブログを読んで どう思うかは 
あなたの自由です^^

 

 

私としては
このS君の作文を読んで

 

恥ずかしいなぁ~~

 

って大人としてちょっと思いました。

 

 

正に 襟を正す

 

 

いい機会になりました^^


S君 ありがとね^^

 

 

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。


このS君、普段は口数が少ない人です。

でも、観察力、洞察力、とても鋭いです。

その彼は
誰かに自分のことを
理解してもらうことを諦めております。

それはイケメン息子も似ています。

 

でもね、部活の仲間が

冊子に掲載された彼の作文を

とても喜んでくれたそうで…^^

 

冊子には作者名は

掲載されていないのです。

でもね、「これ、 お前だろ?^^」

って直ぐに皆が気がついたんですって。

あまり多くを語らぬ彼のことを
部活仲間は良く知っていないようでも

「この文章は、お前しか書けへん」

と…

障害のこともあるでしょう。

 

健常の彼らに

 

障害のことは

100%分からないことがあっても

それ以外の彼のことで

分かることもある^^

障害 健常 関係なく…

他者のことを私等は

 
「良く知っている」


と思いがちである。

ああ、あの人ならきっとこう言うよ。

こうしてくれるよ。

 

けど、そこでもし

予想外の行動や言動を 相手がした時


勝手に相手のことを思い込んで
決めつけていただけの自分を
棚の上に置いておいて

相手にがっかりしてみたり

怒ってみたりする。

 

誰かを100%理解するなんてことは

困難なことです。

 

けど、知ろうとすることや

分かろうとすることは悪くない。

むしろOKです。

でも、分からないこともあるし
分かれないこともある。

時期的に
タイミングでなかったってこともある。


それでいいんです。

そこ以外の別の部分を

知ってるだけでもいいんです。


私等は人間です。

神様じゃないんですから…

 

そして、

神様もご先祖様も恐怖で人々を煽って

選択したりしない。

そこに選ばれているとか

そこに行けてる自分とか

恐怖でもって選択して得たものなんか

 

似非です。

 

私等は自分で選んでるのであって

選ばれてなんかいないし

選ばれたら勝ちで

そこに行けたら勝ちでとかも

ない。

 

「私たちは自分の人生の主なのですから。」

 

むしろ

自分が幸せと感じることは自分だけであって

同じものを誰かにあてがっても、

その人も自分と同じように

幸せを感じるとは限らない。

 

だから

選ばれるために恐怖で煽ってくるものは

無視していい。

 

あなたの幸せはあなたしか見付けられない。

 

だけどそのお手伝いならサポートなら

私等みたいなカウンセラーの扉を

たたいてみてください。

 

今まで影を見続けてきたなら

今度は気が付けなかった光を

見ることが出来ますから^^

 

 

image

 

 

 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 

 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^


ブログパーツ

 

 

#健常者

#障害者

#作文

#人権

#尊厳

#権利

#侮辱

#カウンセリング

#教育

#奈良

 

 

 

 


本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

 

ふじたカウンセリングホームページはこちら☟

www.fujita-soudan-nara.com

自分のことなのに自分で決めることが出来ないのには理由があります。否定され怒られることの恐怖。だから自分に失敗もさせてあげられない。

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

藤田 です。

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談
(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

人間関係など・・・

心が傷ついて考えても
同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

一度のぞきにいらしてみてください。

お役にたてれば幸いです。

fujita counseling ふじたカウンセリング 


-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・


ふじたカウンセリング ホームページです。

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

ふじたカウンセリングFacebook


アメブロ過去記事2020の年8月23日投稿記事より…23


※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m
ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。
私のブログで何かの助けになれますことをがあれば
大変有難く嬉しく思います。
今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

「自分のことなのに自分で決めることが出来ないのには理由があります。

否定され怒られることの恐怖。

だから失敗も自分にさせてあげられない。」

 

自分の人生が大きく左右するような

分岐点に来た時

その人が今までどんな人生やったか?

ということをその人の行動が教えてくれます。

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

過去に私の出会った人で

印象に残っている人が居てね。

その方は結構お育ちもよさそうで

お嬢様育ちだったんだろうな

って想像したんです。

 

お手伝いさんとかも

おられるとか言うてはったしね。

 

だけどその方、私にこう言うたんです。

 

「誰かの人生に

寄っかかって生きていくだけの人生なんて

嫌じゃないですか。

自分で自分の力で

生きていけるようになりたいんです。」

 

私がこの仕事を始めるか始めないかの頃の

10年以上も前の話。

 

この方の生き方が素晴らしいとかではなく

この方は自分の力というものを

すごく信頼されていたと思うんです。

 

自分を信頼するとは

自分ができること、できないことの

見極めもできたり

ハードルが高いと感じたら

自分でできる範囲で設定し直して

少しづつハードルを高くしていくとかね。

 

そういう手段や方法を見付けて

判断できる「生きる力」とでも言いましょうか…


機能不全家族で育つと

その家族関係の中で良くも悪くも

生きるすべを身につけて行く。

(先に書いたような人は

反面教師にされたんだなと感じました。)

 

だって経済能力のないまだ幼い子供が

世の中に出てどうやって生きていけるか

って考えたとき、

「その時期がくるまで

今は、こういう風に乗り切っていこう。」

 

って思うわな。

 

ほんで

家族からの理不尽な怒りが

自分に向いたとき

瞬間的に自分がどう立ち回ればいいかを

キャッチしてその役割を

延々と演じていくことになります。

 

演じることで得るものもあるからですよね。

 

さて、、、

 

その生き方を持ち続けて

長年生き続けてきた人が

大人になっていきなり社会に投げ出されて

 

「自分で企画書練ってみて。」

 

とか言われても。

(多分いきなりはないと思うけど💦)

そもそも自分の考えとか思いとか

持つことを許されてこなかった人が

どやってそれやれるん、、、

 

指示されたことならまだ出きますやん。

言われたとおりにすればええ。

せやけど、ここでも問題は勃発する。

 

言われたことを言われた通りにしたつもりでも

指示した人の思う通りじゃなければ

 

「叱られるという役割を担わされる。」

 

これ、今まで家にいた時と同じね。

家族の誰かが自分にしてきたことと同じことを

社会でも別の人が自分に向けてくる。

 

その上司も恐らく

似たような環境の人かもしれません。

 

人は鏡ですから。

 

いかに幼少期

自分のやりたいことが沸き起こった時

そのサポートがあったか。

 

いかに幼少期

自分の考えを述べてみたとき

ジャッジも否定もなく

「おもろいやないか、いっぺんやってみ!」

って言うてもろてきたか。

 

いかに幼少期

例えそれで失敗しても

その子が泣いていたら共に残念がり

その子が次の手を生み出していたら

「おお!それいいね!」

と応援されてきたか。

 

しかし

 

いかに幼少期

自分で決断したとことを

「はぁ?何考えとんの!

そんなんアカンに決まっとるやん!」

って言われ続けてきたか。

 

これによって自分の考えや意見は

どれもこれも受け容れてもらえない。

自分なんか誰の役にも立たない邪魔な子。

要らん子。

この家では問題児。

 

そんな思い込みと信念を持たされ

自分に自信を持てなくなったその人は

何か些細なことを決めるにあたってさえも

失敗を恐れ

それが正解なのか失敗なのか決断できぬまま

誰かにその決断をゆだねて

自分の責任にならぬよう逃げようとする。

 

これ以上怒られたくないのだから当然です。

今まで失敗しても

立ち上がってきた経験もないのだから

自分で決めることに

恐れを感じるのは当然です。

(だけど実際はそれが本当かどうかは

分かりませんが…)

 

例え、もうそこに

叱責したり怒鳴ったり攻め立てたりする人が

居なかったとしてもです。

 

これが何十年と来た人にとっては

少しずつでも

「自分で決めていいんだ。」

という許可を自分に出せるようになるまで

見守り続けることが必要かもしれません。

 

ちょっと話がそれるけど

例えば痛み止め。

 

常用してると痛くなくても持ってないと不安。

 

だけど持ってるだけで

いざ痛くなったら飲めると思えるだけで

飲まずに済ませることが出来る日もあったり

そのうち手放せていたりする。

 

いきなり急に完全に失くされると

不安が襲ってくるから

 

「欲しい!」「欲しい!」ってなる。

 

サポートする側はしばらくは大変でしょうが

そこを認知したうえで

サポートできたらいいですね。

 

年齢がいってると

なかなか厄介かもしれませんが、、、(^^ゞ

 

まだ若い人や子供であれば早いと思います。

 

不安っていうのは

色んな場面で出てきやすい。

 

先にも書いたように

些細なことさえ

自分で決めること

自分で決断するということは

今までさせてもらっていなかった人にとっては

恐怖ですし

不安です。

 

この不安は最初っからあったわけじゃない。

 

お腹にいたときからかもしれないし

生まれてからかもしれないけど

命の最初からではないです。

 

(魂レベルからってなると

ちょっとそこは分からんとこやけど💦)

 

でね人って自分の嫌なところは

受け容れずに拒否する傾向あるねん。

 

「何で私って○○なんやろ、、、」っていうね。

 

嫉妬する自分

ねたむ自分

自分より上やと感じてる人へのマウント

自分は誰々よりもお友達多い

自分は誰々よりも経済的豊か

 

っていう他人に対しての

比較やジャッジや拒否

 

でもこれは表に出さないようにする。

 

けど、それを人に向けた後

結構しんどかったりする。

 

なんでか?

 

そんな自分を自分が

否定し拒否しジャッジしてるからね。

(つまりそんな自分が嫌いやねん。)

 

ええ部分の自分には

「よしよしヾ(・ω・`)」

してあげることができても

 

そうではない部分の自分に対しては

「ダメな子!」

「こんなのは私じゃない!」

「こんな私は醜い!」

「こんな私は認めない!」

「こんな私は私じゃないもん!」

 

って拒否して否定してジャッジしてたら

これ、どんな?

 

幼少期の自分がされてきたことを

自分にしてることになるんやで。

 

どんな私も私ですやん。

 

その私から拒絶され続けたら

そりゃ

怒り続け

その怒りをぶつけるターゲットを

探し続けるかもしれん。

 

だから

私のことを少しでも理解しようとしない人

私のことをジャッジしてくる人

私のことを否定から入って来る人

私のことを上から目線でバカにしてくる人

 

が現れたら沸々と怒りが沸き起こる。


本当は自分で決められるし

本当は自分で行動できるし

本当は自分で見つられるし

本当は自分でできるんよ。

 

だけどそれをしたくても

「あんたには無理!」

「あんたにはできっこない!

 

って決めつけてくる人が傍に居続けられたら

そりゃ自信もなくすし

自分を信頼することなんてできやしないでしょ。

 

そして、

それをあえてしないことで

生き延びてこられたともいえると思います。

 

さぁ~

 

今からは

どうやって生きていきましょうか?

 

人生80年?90年?100年?として

あと何年ありますかね、、、

 

今日は

「自分のことなのに

自分で決めることが出来ないのには

理由があります。

否定され怒られることの恐怖。

だから自分に失敗もさせてあげられない。」

ってお話しでした。

 

いつも何をやっても

否定され

拒絶され

バカにされ

話を最後まで聞いてもらえなかった経験が

あまりにも膨大にありすぎると、

 

「それ結局

そうやって生きると決めてきたのは

自分でしょ?」

 

って本人だけの問題とするには

あまりにも私は残酷すぎると思います。

 

周りのサポートだって必要ですし

自分だってサポート受けて

今の自分があるでしょう。

 

自分の話は聞いてもらうために

相手の時間を奪っているのに

相手の話は面倒くさいから

聞かない、聞けない、

 

これは対等な関係とは言えませんし

それが自分にとってくだらない話であろうとも

それ自体が相手を見下している行為です。

 

自分ができることと同じことを

全ての人が出来るわけではなく

そして

自分ができないことを多くの人には

できたりしますやん。

 

自分基準で物事を見るのではなく

斜め45度の角度で少し高い位置から

その光景を眺められれば

また違う風景や受け取りが

できるようになってきます。

 

たった一人でそうなったわけじゃない。

そして自分自身もそうです。

色んな環境がまざりあってのこと。

 

そういう眼差しで見れたらいいですね。

 

自分に自信を持つとか

自分を信頼するとか

自分を受け入れるとか

自分の考えを持つとか

自分で決めるとかって

 

本当は難しいことなんです。

その人の中に傷が沢山ありすぎて

麻酔をバンバン打ち続けてきた人ほど。

 

そこを100%でなくても

理解しようとすることも

同じくらい難しいけどね。

 

 

 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

ブログパーツ

 
 
お手手はそんなに美味しいかい?(笑)
image
 
#不安
#怒られる
#自分で決める
#否定
#ジャッジ
#拒否
#拒絶
#信頼
#恐怖
#奈良
#カウンセリング
#親子
#夫婦
#人間関係

 

 

 

 


本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

 

ふじたカウンセリングホームページはこちら☟

www.fujita-soudan-nara.com

自分が想いを向けた所に人生は流れていく。 どうしたい?のではなく、どうするか?って話。

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

藤田 です。

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談
(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

人間関係など・・・

心が傷ついて考えても
同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

一度のぞきにいらしてみてください。

お役にたてれば幸いです。

fujita counseling ふじたカウンセリング 


-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・


ふじたカウンセリング ホームページです。

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

ふじたカウンセリングFacebook


アメブロ過去記事2020の年8月15日投稿記事より…


※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m
ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。
私のブログで何かの助けになれますことをがあれば
大変有難く嬉しく思います。
今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

私は見えないエネルギーとか

見えない存在とか

ホンマに良く分かっていなくて

それで、もしお知らせを頂けるのであれば

 

「私の体が楽な状態にあるなかで

私に分かるように教えてください。」

 

と最近常々お願いしております。(笑)

 

時々スピ系の方々から聞くことだけれど

 

「人の体はエネルギー体である。」

 

ということから「生霊」なんてものが

存在するのも分かる気がします。

 

今日は

「人の体はエネルギー体である。」

ということを私なりの書き方ですが

皆さんに分かるような内容でお伝えしたい。

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

子育てや恋人

パートナーとの関係性において

とくに知り合って間もない時期とか

 

その人の良い面が感じられたりしてね

恋に発展していく。

 

ってこともあるやろう。

 

子供であれば

”自分にとって可愛い我が子”です。

そりゃ可愛すぎてね

愛情が溢れるほどの注目を注ぐ。

もう、どの姿も可愛い💕

 

これ、相手に対して

むっちゃええエネルギーを流している状態

やと思うんです。

 

ほんでね、時間、月日、年月、

さらに自分に余裕がないとき

 

愛情から抑えていた許容してきたことさえも

ちょっとしたことで

 

イラッ!ってしたり

ムカついたりする。

(自分の思惑とは違う方向を相手が向いたり

発言したりしたときなんかね。)

 

その一個が見つかると

他にも気になるところが出てくる。

 

そうや、あれもこれもそれもどれも…ってな。

 

愛情と

愛は

別物やからな。

 

 

 

さて、これが負のエネルギーが

流れ始めた状態なんちゃうか。

 

 

 

相手にそのエネルギーを向ければ

当然自分にも同じエネルギーを注ぐことになり

そのエネルギーを流した途端

結構自分自身もしんどくなってると

思うんですよね。

(無自覚の人も居るでしょうけど💦)

 

けど、相手に良いエネルギーを

流してるときって

自分も楽やったりする。

 

 

ただ、、、ここで一つ。

 

その負のエネルギーを流し始めた

最初の切っ掛けは

どの出来事が起きた後やったんか。

 

こはちょっと見てやって欲しいんですよ。

 

勿論ね、そこは一切見ないようにして

良いエネルギーだけを注ぎ続けたら

負のエネルギーは

やがて小さくなっていくかもしれん。

 

(その可能性はある。)

 

けど、根が深い場合は

また同じシチュエーションが起きた時

再発する可能性の方が多分デカイ。

 

だから、そこにね、

ちょっと注目してあげて欲しいんです。

 

そして、その裏にある

本当の自分の感情や

本心や欲求していたものを

自分に対して認めてやって欲しいのね。

 

一人では難しかったら

私等みたいな人のところで

伴走してもらったらいいかもしれません。

 

 

そこを見付けられたら

小さくなっていくスピードは加速しますよね。

 

だって、そこで勝手に統合が起きたり

セッションで伴走してもらうことによって

「もう一人の自分との和解」が

ワークなんかでできたりする。

 

そしたらその思いは成仏するから

そこにエネルギー注ぐ必要もなくなっていく。

 

だからスピードが加速するんですね。

 

 

 

でね、この各々の想いの集まりって

集合無意識とも繋がっていたりします。

 

 

この集合無意識の方向がどこ向いてるか?

 

です。

 

 

さて本題です。

(今からか💦)

 

今日は終戦記念日ですね。

 

戦争反対

核兵器反対

 

これも大事なことです。

 

ただ、この言葉の中にある

「戦争」

核兵器

「反対」

 

ここに結局私たちは

エネルギー注いでいるんですよね

 

私たちの世代には

もうこの過去にあった

戦争の経験のない人が多い。

だからこそ

この事実があったことを知ることは

ホンマに大事なことです。

 

ほんで、だから戦争は恐ろしいこと、

沢山の犠牲者と不幸な人を作る。

さらに国からの指令によって

指揮をした人たちも

そのご遺族の方々もいてます。

 

 

その方々から私たちは

そこを教えていただいた上で

どこを向いて思いを巡らせ

考えないといけないんやろうか、、、

 

 

先にも書きました。

 

 

エネルギーは注いだ方へ流れていきます。

 

そのエネルギーは

やがて集合無意識になります。

 

 

こうなるから

こうならないように

こうしよう。

 

ではなく、

 

「世界が平和になっている状態を想像する。」

 

”戦争がもう起きませんように、、、”

 

ではなく。

 

 

「世界が平和で

人々の笑顔が溢れている状態を

イメージする。」

 

そしたら、そのために出来ることは何か?

が見えてくる。

そっちの方向に視点も思いも向くからね。

 

確かに

一人一人のエネルギーは

小さいかもしれませんが

集まれば倍倍で膨らんでいくと

私は想像します。

 

 

イメージです。

 

 

 

エゴから来るエネルギーと

そうではないエネルギーでは

 

質が違います。

 

 

誰が好き好んで

自分の人生放棄して死にたいと思いますか。

 

だけどあの時代の方々の

様々な背景があって

今の私たちの生活があるんですよね。

 

 

 

 

そこを知ったり教わった上で

今私たちができること

していったらええんと違うやろうか…

 

恐ろしい

怖い

恐怖

 

これを植え付けられた人にとっては

その後の人生

かなりキツイものになります。

(経験上💦)

勿論、その経験があったことで

得るものもあるでしょう。

 

だけど、しないで済むのなら

それに越したことのない経験だって

私はあると思います。

 

それでも、その出来事を経験した以上

そこをプロセスとして

次の世界へ羽ばたけるなら

それはそれで素晴らしことです。

 

どんな経験も過去も

(言い方悪いけど)

”肥やしにする”とか

”踏み台にする”とかして

前に進めます。

 

大事なのは

何処へそのエネルギーを

注いでいくか。

(注いでいける自分になれますか?

ってこと。)

 

サポートが必要なら

自分に合うサポーター

カウンセラーを

お近くで探してみてください。

 

(私も遠方の方でもお引き受けしております。

海外の方も数名おられますよ^^)

 

私たちはいつだって

前に進もうとするあなたを

歓迎いたします。^^

 

今日は

「自分が想いを向けた所に人生は流れていく。

どうしたい?のではなく、どうするか?って話。」

ってお話しでした。

 

ここは怖いところよ。

私はいつも独りぼっちよ。

誰も私のことを好いてはくれない。

私は邪魔ものだから此処に居ない方がいい。

 

そんな思い込みは

あなたのものじゃありません。

他所から洗脳されたもの。

その他所から引き継がされたものを

死ぬまで持たされ続けていたら

そりゃエネルギーはそこにしか向かないし

そこにしか行く道がないように

見えてしまうでしょう。

そこを解除できるのは

あなただけなんですよ^^

 

 

👇リビングのカーペットを

夏らしく麻の生地に変えたら

気持ち良さげに朝から動かぬ

愛犬チワちゃんでした(笑)

 

 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 

#戦争
#国のため
#国からの指示
#集合無意識
#エネルギー体
#生霊
#カウンセリング
#奈良
#親子関係
#夫婦関係
#人間関係
#教育
#怖い
#恐怖
#孤独
#邪魔もの
#繋がり
 

 

 

 

 


本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

 

ふじたカウンセリングホームページはこちら☟

www.fujita-soudan-nara.com

罪悪感は親子の分離の邪魔になる。って話。

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

藤田 です。

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談
(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

人間関係など・・・

心が傷ついて考えても
同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

一度のぞきにいらしてみてください。

お役にたてれば幸いです。

fujita counseling ふじたカウンセリング 


-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・


ふじたカウンセリング ホームページです。

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

ふじたカウンセリングFacebook


アメブロ過去記事2020の年8月12日投稿記事より…


※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m
ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。
私のブログで何かの助けになれますことをがあれば
大変有難く嬉しく思います。
今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

「罪悪感は親子の分離の邪魔になる。って話。」

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

これ⇓前回書いたブログです。

私さえいなければこの家は安泰やったのに。私なんか生まれてこなければよかったんや。って話

 

このブログを書いた後、私偶然にも

Facebookでこの方を見付けました。

Atmo ToshanさんのFacebookです。

 

そして惹かれるようにトーシャンさんの

ジオサイトを見付けます。

#5 どこからともなく忍び寄る、この罪悪感というやつ。

 

是非聴いてみてください。

響きます!!

 

「私は私でいいんだ」

…と思ってあげて欲しい。

 

「どんな私に対してもOK!!」

って言うてあげて欲しい。


それが言えるのは貴方しかいない。

 

私も自分に対して

100%出来ているわけではなく

まだまだ自分について知っていきたいと

思っているけれど、、、

 

親から得られなかったものとか

親が与えるべき時に

与えてくれなかったものとか

そこを本当は欲していたのに

気が付いているのに

気が付いていない振りや

見ない振りしていたら

そりゃきついでしょ。

 

(それでも、本心が言えないのなら

それだけ自分に対して圧をかけ

機能不全で育ってきたことを

拒否していることになる。

その拒否は

自分に対しての拒否と同じです。)

 

それで無意識に引きずるものは

どんどん重さを増していく。

 

先週の半沢直樹を見たイケメン息子が

前回の半沢直樹と今回の半沢直樹は違う。

 

っと感じたそうで、、、

 

私も同感。珍しく意見一致(笑)

 

前回も今回も

お客様を大事に考えているのは同じだけれど

大和田への復讐が前回は大半感情にあって

そこを出し切ったというか、、、

自分の中で整理がついたというか、、、

 

(あれ、カウンセリングでは

本人相手に

あんなことやったりしないんだけどね、、、

しかも今でも嫌な感情は

半沢直樹は大和田に対して

持ったままやしな💦)

 

 

で、イケメンが言うに、

今回の半沢直樹

自分の内側が

前回とは違うんじゃないかと。

 

やっぱりリーダーっていうのは

自分のことが整っていないとな、、、

 

って話になったんですよ。

 

 

もしね、

例えば罪悪感っていうものを

持ち続けていたら

リーダーとしてだけではなく

色々なところで顔を出してきて

難しいんじゃないだろうか。

 

 

親と子供の分離って

 

親も子供も自分の人生を生きるってこと。

 

そこに何らかの意図で何かを埋め込んで

子供が親から離れられないようにするのは

親側が自分のそのまた親との分離が

上手くなされなかったのかもしれない。

 

親は子供を育てる義務がありますが

子供側には逆の義務はないんだと

ある民法に詳しい方から

教えていただきました。

 

受け取れなかった愛があるなら

今、自分が自分に

十分に与えてあげましょう💕

 

「それが難しいんやないか!」って?

 

うんうん、そうですとも^^

 

受け取れていないからこそ

受け取り方が分からない。

 

すでに、周りから愛を

与えられていたとしても気付きにくい。

 

そりゃそうですとも。

 

ゆっくり、自分の事を知って生きましょう。

 

そして

 

 

トーシャンさんのラジオも

お聞きになってみてください、

 

柔らかくて優しい穏やかな声が

心に響き渡ります。

そしてそこから何か

今まで気付けなかったことに

気が付けるかもしれない。

 

私の目的は

どんな方法でもいいんです。

カウンセリングでなくてもいい。

自分に合う手法で親子関係を軽くしたい。

親子関係が軽くなったら

社会も軽くなり、

そしたら集合無意識も軽くなるから

地球全体も軽くなる。

 

そしたらどんな世界が

待ってると思いますか?

 

そこが着地点^^

 

ってことで、本日は

トーシャンさんのご紹介でした^^

 

 

 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

#トーシャン
#カウンセリング
#親子関係
#奈良
#集合無意識
#目的
#罪悪感
#分離
#リーダー
#整理
#人間関係の悩み

 

 

 

 

 


本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

 

ふじたカウンセリングホームページはこちら☟

www.fujita-soudan-nara.com

私さえいなければこの家は安泰やったのに。私なんか生まれてこなければよかったんや。って話

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

藤田 です。

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談
(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

人間関係など・・・

心が傷ついて考えても
同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

一度のぞきにいらしてみてください。

お役にたてれば幸いです。

fujita counseling ふじたカウンセリング 


-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・


ふじたカウンセリング ホームページです。

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

ふじたカウンセリングFacebook


アメブロ過去記事2020の年8月8日投稿記事より…


※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m
ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。
私のブログで何かの助けになれますことをがあれば
大変有難く嬉しく思います。
今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

「自分のせいだ。」

「私があの時、こうしていたら

こんなことにはならなかったんだ。」

 

そうやって何か事あるごとにすべて

 

「自分が悪い。」

 

っていう思い癖がある あなたへ…

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

あなたがあの時こうしていたら

あなたがあの時ああしていたら

 

本当にそれは回避できたことでしたか?

 

どのみち、その結果に結び付けられ

あなたはご自身に対して

その罪と罰

与え続けてきたのではないでしょうか?

 

だって

 

「いつだって何が起きたって自分が悪い。」

 

っていう思い癖を持ってるんだもの。

 

(「持たされてきた。」っていう言い方の方が

しっくりくる人が大半かもですね…)

 

ほしたら多分その後、継続的に

 

あとであの人から

何言われるか分からないから

こうしておこう。

 

とか

 

あの人にこう思われないように

こっちを先にしておこう。

 

とか

 

結局それ結果的には自分で決めてるけど

やりたくてやっていないってことじゃないか?

 

やらせてるんですよね自分に。そのイヤなこと。

 

それでも色々考えて

自分を後回しにしてやったけど、、、

難癖付けられて、やっぱり

 

「私が悪い。」

 

って思うやろ。

 

「ほらね、いつだって私が悪いんや。」


そしたら目に見えない世界のものまで

恐ろしい顔して自分に罰を与えてきそうな

恐怖まで感じてしまったりして(^^ゞ

 

催眠療法したときにね、そういうのがでてきたり、、、)

 

実際、「天罰が下る」って言葉あるやんか。

 

しか~し!!

 

神様は基本

何もしませんやん💦

 

見守ってくれてはる。

 

どの人にも平等にや。

 

究極の愛やな!!

 

人間は神様じゃないんよ。

 

だから時にはペロって舌出して

冷蔵庫に入っている誰のか分からんけど

家族が楽しみに置いていたプリンなんかを

黙って食べてしもたりもするわけ(笑)

 

ほんで幼いころなら喧嘩もしちゃったりして

オカンに叱られるねん(笑)

 

っていうか、、、(^^ゞ

古事記なんか読んでみると

神様とはいえ未だに

イザナミイザナギ

喧嘩中ではなかったか、、、

 

あ、そこは突っ込まなくていいか…苦笑

 

けど、神様でも待ちきれずに約束破って

のぞき見したら

妻のあまりにも変わりはてた姿に

びっくり仰天してるんやで?

 

 

 

今、テレビで「半沢直樹」やってるやんね。

 

見てる人

見てない人

いてるやろうけど、、、

 

あれ、堂々とアカンことしてて(笑)

なおかつ、出向先から

いやらしいい条件付きで

本社に戻してもらった社員は

奴隷のような扱いを受ける人も居てたりする。

 

自己肯定感は駄々下がり

存在否定

役立たず扱い

まるで邪魔者のようなくず扱い

 

もしこれと同じような扱いを

幼少期から受け続けてきたら

 

私ならこう思う。

 

私なんか生まれてこなければよかったんや。

居ても居なくてもいい存在なんや。

役立たずで私がいなければ

私さえいなければ

この家は安泰やったんや。

だから私は何をやっても

上手くいかなくて当たり前。

罰を与えられ続けて当然なんだ。

生まれてきて ごめんなさい。


☝っま、実際思ってたことですけど!!

 

 

あのですね、

 

色んな環境下の中

一人一人が違う生い立ちがありますよね。

そこで受ける生い立ちの経験は

前半の人生ではキツイ経験やったりする。

 

けど、人生の後半で

それを取り戻す時間を与えられてます。

(多分多くの人に。)

 

だって影があるってことは

そこに光が当たってるからでしょ?

 

今度は上を見上げて

光を自分にあててあげるんです。

 

今まで光によって映し出されてきた

影の出来事達ではなくです。

 

(誤解しないでよ。

その過去の出来事自体は

消えたりしないんよ。

フレームのカラーは変わるかもしれんけどな。)

 

自分自身に光を当ててごらんなさい。

 

あなたは愛そのものですよ。

だってそこには本来のあなたが

居てるんですからね。

 

そしたら今度は

 

「怖いからこれをしておこう。」

とかな

自分にさせることできなくなりますよ。

 

あなたの傍には必ず

あなたのその手を握って

充電してくれてる人が必ずいてます。

 

気が付かれへん時期もあるでしょうけどね。

 

あなたは悪い子じゃありません。

あなたは時には

イタズラしたかもしれませんけど

そんなん、あなただけじゃない。

誰だってしてることですよ。

そしてそのイタズラの陰には

寂しさや切なさや悲しみがあったでしょう。

そしてきっと怒りも。

あなたは決して悪い子じゃありません。

むっちゃ可愛らしい子です。

 

愛しい存在です。

 

痛めつけられてきた分

自分を受け入れることも

自分を認めることも

自分を大切にすることも

分からないまま

大人になってしまったかもしれません。

 

何より人を信頼するなんて

怖くてできないかもしれません。

 

でも、こう思ってみてください。

 

例えば、あなたにとって

可愛がっているペットとかいませんか?

 

その子は自分で排泄の処理もできない。

自分でご飯も作れないし片づけもできない。

病気になれば

病院へ連れて行かなければなりませんよね。

 

そのペット、

だからって

 

邪魔やと思いますか?

 

 

 

そのペットを見るように

自分を見てやってください、

 

役立たずですか?

そんなことないやろ。

 

そこに居てくれるだけでいいんです。

 

どうか、自分を”ぞんざい”に扱わないで。

 

自分の声に従ってあげてください。

 

自分の声に耳を傾けることが出来たなら

次の段階へ進みますよ。

 

今日は8月8日。

 

ええ日です^^




今日も独り言になってしまいました。

 

皆様にとって

今日から素敵な始まりとなりますように(#^^#)

 

blog書いとったら愛犬チワちゃんが

この顔でじっと見守っててくれてました(笑)

やっぱ かわいい💕


 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 
#奈良
#カウンセリング
#親子関係
#自分が悪い

#世界

#プリン

#思い癖

#イタズラ

#自分が悪い

#自分の声

#カウンセリング

#人間関係の悩み

#教育

心療内科

#生い立ち

#愛犬

#ペット

#ぞんざい

#自己否定

#生まれてきてごめんなさい

#邪魔もの

 

 

 

 


本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

 

ふじたカウンセリングホームページはこちら☟

www.fujita-soudan-nara.com

集合無意識は何処へ向かうかの舵取りにもなる。妙なものを埋め込まないようにしたいですね!!

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

藤田 です。

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談
(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

人間関係など・・・

心が傷ついて考えても
同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

一度のぞきにいらしてみてください。

お役にたてれば幸いです。

fujita counseling ふじたカウンセリング 


-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・


ふじたカウンセリング ホームページです。

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

ふじたカウンセリングFacebook


アメブロ過去記事2020の年8月7日投稿記事より…


※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m
ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。
私のブログで何かの助けになれますことをがあれば
大変有難く嬉しく思います。
今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

「集合無意識は何処へ向かうかの舵取りにもなる。妙なものを埋め込まないようにしたいですね!!」

 

昨夜テレビ見てて思ったこと。

今回も個人的な見解と呟きです。

 

時々

「ああ、なんてこの場面は残酷な場面なんだ…

放送する側としては

美味しい場面なんだろうけれど…

 

被害者というカテゴリーは同じでも

ある意味、同じ被害者同士でありながら

両者は敵同士。

立場も違う者同士を向き合わせて

相手に

こっちの気持ちや思いを理解してほしい。

と訴えさせ

そしてお互いを傷つけ合わせる。

 

そうなる結果が出るのは

容易に想像できたやろうに…」

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

この時期になると

毎年のように繰り返される

似たような内容の放送。

何でか知らんけど

その放送が目に入る時間帯に

私はタイミングよく

普段滅多にテレビをつけないのに

その場面に出くわすんですよね…

 

犯人捜しをすればきりがない。

 

だからこそ

象徴でもある人物のお二人が

自ら出向き頭を下げに

世界中を回ったのだろう。

 

なにかを終わらせるために。

(と勝手に私は思っている)


国は人を使い

使われた人は(選ばれた人は)

国の要望に従って結果を出す。

その結果、起きた出来事によって

人生が大きく変わる人々の事実を

告げられても

 

その前に何をそっちは起こしたのか

そしてそこで何が起きたか

それは見たのか?

 

と投げ合うんです。

 

この両者たちの立ち位置も違えば

ぶつける相手も本来は違うはずで

だけども、何年も何年も

そこで時間が止まったまま

今まで人生を生きてきた人たちにとって

感情のおさめようがないんですよね。

 

その映像を見たある女子高生が言うてました。

 

「それぞれの立場によって…」と。

 

感情のおさまらないままの状況で

同じ空間で向き合わせることは

私は残酷なことだと思っている。

 

とくにその人の背後に抱えているものが

自分だけではなく

例えば国だったりしたら

一個人として相手は来れたとしても

こっちは立場が違い過ぎて無茶な話。

 

だから、傷つけあうだけになる。

(ここはカウンセリングとも

通じるところだと思っている。

だからこそ、その人の背景を大事に思う。

そこを大事にされた後、本人の中で

見えてくるものも

あるかもしれないのだから。)

 

もし何かを訴えたいとか

伝えたいことが明確にあるのなら

 

過去に起きたことに対し

一人一人に妙なものを埋め込むのではなく

一人一人が自問自答する機会に

なるようなものにしてほしいなと。

 

個人的に思ったのでした。

 

悲惨やったんやなぁ

かわいそうになぁ

辛かったやろうなぁ

苦しかったやろうなぁ

苦労したやろうなぁ

だからこそ

こんな風にした○○が憎いわ!!

こんな風にした○○が悪いわ!!

 

なんてことではなく

 

 

 

 

 
 
 

正直言うと、私のべっぴん娘は

小学校高学年の時期に

夫の転勤で奈良に転校してから

修学旅行のために戦争の経験者の話や

映像を毎日のように聞き見させられて

登校拒否になりかけました。

 

学校へ行くのが怖い

また今日もあんな写真や話を

聞かされるのかと。

 

修学旅行も行きたいとは思わなくなりました。

 

(皆が皆

べっぴん娘のようになるわけじゃない。

だからと言って

他の子供たちが感じないことを

感じられた娘がいて

登校拒否になりかけたことを素晴らしいとか

自慢に思うとか

他の子には感じないことを感じられる

特別な子だとか

そしてそれが良いことやとも思っていない。

一人一人違う物を持っていて

当たり前なのだから。

 

当たり前なんですよ。

当時の娘にとって

戦争の話を聞くのが怖いとか

だから行きたくないとか思っても

当たり前の事ってだけです。

特別じゃないんですよ。)

語り継ぐことは大事だと思います。

 

だけど

 

集合無意識はそこにエネルギーを

ため込んでいきます。

 

そしたら

そっちの方向へ無意識に向かいます。

 

平和を願いながらも

恐怖を植え付けていたら

平和にはならんでしょ、心の状態も。

 

伝えるなと言ってるんじゃない。

 

最終的に私たちはこれによって

どの方向へ進みたいのか。

そしてそのためには具体的に

どうしていけばいいのか

ある程度の道や方向性に

光を当てることが

大事じゃないかって思うんですよ。

 

一個人的な思いですけど

 

「一体これ、ほんで何が言いたいん?」

「何を一番伝えたいん?」

 

っていうのが分からないまま終わるって

 

 

気持ち悪!!!

 

って思いました💨

 

今日は

「集合無意識は何処へ向かうかの舵取りにもなる。妙なものを埋め込まないようにしたいですね!!」

ってお話しでした^^

 

一人一人背景があって

そこに敬意を払うこと。

 

敬うことって難しいかもやけど

大事なんやと思います。

そこが大事にできたら特別感はなくなる。

 

特別扱いしてしまうのも

実はこっち側の問題だったりする💦

 

自戒も込めて~~~おっほっほ💨

 

☟数年前の神戸のドッグカフェ

スタバにて夫に抱っこされる愛犬ちわちゃん。

コロナが落ち着いたらまた行きたいワン!!

 

image

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 

#奈良

#カウンセリング

#親子関係

#夫婦関係

#修学旅行

#被害者

#集合無意識

#方向性

#光

#恐怖

#植え付け

#残酷

#向き合わせる

#敬意

#敬う

#コロナウィルス

#神戸

#スタバ

#人間関係の悩み

不登校

#戦争

#語り継ぐ

#被害者

ドッグカフェ

不登校

#当たり前

 

 

 

 

 

 


本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

 

ふじたカウンセリングホームページはこちら☟

www.fujita-soudan-nara.com

本読んで、うんうん思って、ほんでそれ、ホンマか?自分の考えか?って話

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

藤田 です。

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談
(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

人間関係など・・・

心が傷ついて考えても
同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

一度のぞきにいらしてみてください。

お役にたてれば幸いです。

fujita counseling ふじたカウンセリング 


-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・


ふじたカウンセリング ホームページです。

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

ふじたカウンセリングFacebook


アメブロ過去記事2020の年8月5日投稿記事より…


※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m
ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。
私のブログで何かの助けになれますことをがあれば
大変有難く嬉しく思います。
今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

「本読んで、うんうん思って、ほんでそれ、ホンマか?自分の考えか?って話」

 

前回の続きになります。

Facebookアメブロ投稿のお知らせしたとき

次回の内容について少し書いたのですが

 

今回は「自分の考え」について

書きたいんです。

 

応援クリックして頂けると喜びます^^お陰様でずっと上位キープさせていただいておりますm(__)m
    

 

時々「傾聴本は自分のことについて

ある程度知ってからの方がいい。」

 

ってことを今までに何回か

書いてきたと思うんですけどね、、、

 

例えばです。

前回のblogでも書いた

私が尊敬するカウンセラー「中尾さん。」

 

どれだけ私が

中尾さんを尊敬し恋焦がれてもです^^

 

私は中尾さんにはなれないですよね。

 

そこは分かりますやん、誰でも。

 

うん、

そりゃ無理っしょって(笑)

 

でね、そこは見た目でも

はっきりわかるからですよね多分、、、

 

身長も違うしね、顔だって違うし、、、

 

いくら髪型とか真似しても

私は中尾さんにはなれないじゃん^^

 

自分と違うところがある、

自分にはないものが沢山ある

中尾さんを私は尊敬してるのね。

 

同じカウンセラーだけど私は

中尾さんと同じようなカウンセリング

できていないと思います。

 

だけど私は私で

私のカウンセリングをしています。

 

そこに正しいも、間違いもないんですね。

 

もしあるとしたら、それを決めるのは

クライエントさんです。

 

先日ね、ある本を読んでいたんです。

 

すごく内容深いし自分としては

文字を追う目の速さがいつもと違う感じで

読んでてあっという間でしたが、途中で

 

「え?」

 

って止まるところが出てきまして、、、

 

「そこは、ん~~~~どうなん?」

 

って思っちゃったんですよ。

 

つまり、そこにその本の内容と

私の考え方の違いが感じられた瞬間

だったんです。

 

もちろん、その内容でOKって人が居ても

いいんですよ。


「ある一冊の本によって私の人生は

大きく変わりました!」

 

なんて思える本に出合えたら

それはそれで最高。


私が言いたいのは

正しいとか間違ってるとかじゃなくて

自分という人間のこと

実は自分がわかってるようで

一番わかっていなかったりします。

 

その状況で傾聴本とか読んでしまうと

「うんうん。そうかそうか。」

ってなっちゃいやすい。

 

するとまた別の本を読んだとき

前回読んだ本とはまた違う内容が出てきても

流されるように「うんうん、そうかそうか」

ってなってまう。



で、自分はどこに???

 

ってなるんです。


だけど、もし自分のことについて

ある程度カウンセリングなどで

知ることが出来てくると

誰かを見てマウンティングする必要もなくなるし

過剰な反応もしなくなるし

自分を無理して良く見せようとも思わなくなる。

 

つまり反応の質が変わってくる。

 

自分の考えもしっかり表に出てくるし

周りを自分の都合に合わせて

変化させようと思わなくなる。

 

究極、「自分との和解」が出来てくると

(全てにおいてでなくとも)

情報にも振り回されにくくなってくる。

 

昨日ね、こんなタイミングで

言うてええのか分からんけど(^^ゞ

 

ある知事がね、コロナウィルスについて

会見を行ってイソジンがあっという間に

ドラッグストアーから消えましたよね。

 

彼は軽症者を対象にホテルで療養中

うがいしてもらったところ、、、

 

と話しておられたと記憶しています。

 

感染しないとか言うてないんですよね。

 

ほんで、しかも、あれね、何でもない人は

使わんほうがええんです。

私の経験でもありますが

良い細菌まで殺してしまうんです。

抗生剤と一緒ね。

私は抗生剤副作用出るので

どれも使えないんですけど、、、

 

だけど今のこの時期だけに

勝手に脳内で「書き換え」が起きて

皆ドラッグストアーへ

駆け込んでしもうたんですね💦

 

だって大事な家族を守りたい思いは

みな一緒やからね。

 

ただね、これを発信した彼の言い方とかね

そのせいにするのも簡単です。

影響力も大きい人ですからね。


で、まずね

 

「自分の行動には

主導権が自分にあるということ。」

 

「そのためには冷静に判断する力も必要」

 

なんかなって思いました。

 

自分の考えを今まで持てずに来た人は

ひょっとしたら

「今まで誰かの指示されたとおりに生きてきた」

とか

「私のためにいつも考えてくれていた人の期待に応えるために生きてきた」

とか

「その期待に応えられない私は自分の考えなんか持つには100年早いわ!」

くらいなね💦

 

そういったものが仮に(これ一部ですけどね

他にもまだまだあると思うんですけど)

あると自分の考えを持つことに

なかなか許可を出せなかったりする。

 

ほんで無難な

 

「その他大勢に属する。」

 

比較的安全パイね。

 

だけど、内側には結構な

怒りや悲しみや噴火寸前の火種を

持っていたりもします。

 

もしね

誰の遠慮も必要なく

自分という人間と心から

(一気には難しいやろうけど)

和解できたなら背伸びする必要もなく

自分を他人から良く見せる必要もなく

そして自分にはないものを

持っている人を見ても

負の反応ではなく

良い意味で反応し

お互い心から見ることが出来るように

なるのではないだろうか。

 

一気には難しいと書いたのは

 

時には誰かのせいにしないと

居られない時期だってあるし

怒りをまず出せるようにならないと

前に進めない時期だってあるし

本丸には言えないことをしばらくは

ダミーを利用してぶつけないと

居られない時期だってあるし

 

そういうのを通過したあとやってくる

プロセスだってあると思うんです。

 

一度は頑張って日の浴びるところにいた人が

深海へこもらないと居られない時期だって

ありますよ。

 

それを通り一辺倒に

 

それには親が…とか

先生が…とかね

決めつけるのは危険だと思いますし

(そもそも背景は本人しか分からんのやし

サポート側が決めることじゃない。

親が…とか

先生が…て

言うてる人の問題だったりする。)

 

つまり何であれ、それは誰の事?です。

 

本人のことでしょ。

 

もしここで自分について

和解できていなければ歪みが起こる。

 

(その後付けでかけられた色眼鏡を一度置いてみる。)

 

「自分の考え」にしても

「それホントに自分の考えか?」

ってことなんです。

 

っま、自戒も込めて(笑)

 

まだまだ私も自分の探求は続きますわ^^

 

また長くなってしまいました💦

 

ここもね、昔、中尾さんみたいに

簡潔に書きたいと奮闘した時期も

あったんですよ(笑)

 

でも私には無理(笑)

 

おっほっほ!!💨

 

今日は

 

「本読んで、うんうん思って、ほんでそれ、ホンマか?自分の考えか?って話」

でした!!

 

自分との和解が進んでくると

昔読んだ本をもう一度読んでみたとき

反応するところが変化していたりする。

それは自分探求が以前より前に

進んだということかもしれませんね!(^^)!

 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

#カウンセリング
#奈良
#思い込み
#歪み
#知事
#副作用
#自分の考え
#自分の人生
#主導権
#教育
#怒り
#悲しみ
#感情
 
 
反対から見れば世界は違って見えるワン!!
 
image
 
 
 
 

 

 

 

 


本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

 

ふじたカウンセリングホームページはこちら☟

www.fujita-soudan-nara.com