fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

抑圧者(親・組織)は己の弱さを引き受けたくなくて若い人(子供)を利用する。

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事11月19日投稿記事より…

 

 

「抑圧者(親・組織)は己の弱さを引き受けたくなくて
若い人(子供)を利用する。」


前回のブログで お絵かきセラピストの吉田さん 
ご紹介させていただいたのですが…

彼女は他人を信頼できないのは
自分も信頼できていないから。

って言う内容のことを書いておられましたよね。

自信がない=他人を信頼できない
               =自分を信頼できない・・・


このね、自信がない…ってね、
もう一つあるなぁ~って思って…

今日はそこにフォーカスです^^


「抑圧者(親・組織)は己の弱さを引き受けたくなくて
若い人(子供)を利用する。」

これは何も、若い人に対してのみに
限ったことではありませんが…

人はよく、他人の足を引っ張って

いっしっし!

ってやる人が居ます。



いっしっし!  です。

 

 

っま、やってる本人は

いっしっし!

なんて心が

自分にある・・・

なんて思ってない可能性もあるけどね…


例えば、ふじたがブログでお伝えする内容の中心は
親子であり
その延長線上に夫婦が来ますのでね
ここで取り上げるのは、やはり

親子ですね親子!


これね、

親は

子供に

いつか

超えられるもの




なんですよ。




でもね
老舗の代々伝わって来たお商売人なんかはね、
なかなか息子の代へ席を譲らんに…
(皆が皆じゃないで?)

で、斬新な考えで

「これ打ち出してみたらどうだろうか」

って、真剣に考えてね
この店を繁盛させる意味でも
時代に置いてかれない意味でもね
新しい商品考え開発し
そしてそれを持ち出そうものなら
もう
目向いて鼻向いて(笑)


「お前に何が分かる! この店はな
先祖代々これ一本でやって来たんだ!
そんなものが無くても

・・・


ここの商売は安泰なんだ!!」





なんちゃって???(笑)


これは、ふじたの妄想の話ですからね^^
誤解せんといてや^^




例えばね、(まだあるんか!あるある^^)

あることに向けて成長をしようとしている人をね
否定して承認しない人も居るよね。

そんなことやって何になる?
金になるんか?

とか

お前はまだまだや
わしを抜こうなんて100年早いわ!


とか

試行錯誤して辿り着いた今の自分から
相手を見たときに
かつて自分が通過した所に居るその相手に対して
我が身への危機感を感じて
その相手の持ってる力を
様々な言葉を使って
自信を奪い
こき下ろす。


これね、やってる人は
大抵 「自分には力がある」

…と思っていたい人ね。
大抵 年上ですよ。


ああ、そうそう、これをですね・・・

若い人へ向けて組織ぐるみでやる場合もあります。

そうですねぇ~~

何処の人たちとは言いませんが…


証拠があるぞ!

そうだそうだ!

俺たちも見たぞ!!

なんて言ってね
若い人のその後の人生を
その道で今迄生きてきた大事な宝物を

根こそぎ奪い取る野郎たちです。


で、その証拠を見せないっていうね…





別にどこの人って言ってないですからね。(笑)




団体で一人の若い人の人生を
無茶苦茶にする様は結構ありますね。。。


ふじたの知人で
プロから引き抜き上げがあったんですけどね。

それを知った先輩たちは嫉妬から
その人を集団で使い物にならないくらい
無茶な練習メニューを強いて
怪我をさせられて

選手生命を絶たれました。




それ
本人が悪いんやん。

自分で自分を守り切れんかった本人の責任やろ?



せやで?
確かにね…


でも、だったら、それ

言えます?

もし、あの当時の自分だったら

言えます?

って話ですわ。



言えやんもんですよ。
集団で抑圧かけられてみ?

恐いですねぇ~~~集団って…

周りの環境たちは知ってたはずです。

なのにトップも助けなかった。


若い人はそういう環境下で
常に危険にさらされている。

って思うことがあります。


これね、何を抑圧者は恐れているかって言うとね
自分自身に自信がないわけですよね。

自信があったら慌てへんわ(笑)





ただね、これだけは言いたいの。


人ってそんに自信たっぷりで
生きれるもんですかね???


そんに自信持てるか?



私はないねぇ~~~~



それが、お前のパターンやろ。

とか言うか知らんけどね、

いやいやいや・・・自信ってなぁ~~~








ないで?(笑)



でもね、 ああ、そうか
私には自信がないからこうやねんな
だからこう思てしまうんやな…




って思うとする。


これやと、しんどいわな?

自分責めてる感漂ってくるし…



ではなくて 

自分の弱さを引き受けていないんだよね、、、自分で。

弱い自分、自信がない自分、嫉妬深い自分

その醜いと思ってしまっている部分の自分を

引き受けていないの。




自信がない。




当たり前よ(笑)


ふじたから見ててね

あ~~~この人
じぇったい将来何かやらかす人になるぞ…


って感じた瞬間、



恐!!



って思うんですよ。


当たり前じゃん!



今は、何か知らんけど、ふじたの所に来て

教えて~
教えて~

って来はるわなぁ~


でも、インスピレーションの違いとかね
鋭さを感じた時に


おお~~この人すげぇ~~!!

って内心思ってんの(笑)

で、

ほっほぉ~~ 今私ざわついてるぞぉ~

って思うのね(笑)

で、

その自分の弱さを 


「っち!人間臭くていいじゃん(笑)」


って思える。(笑)




抑圧者は自分の弱さを引き受けれない…





って思ったのでありました。


今日は

「抑圧者(親・組織)は己の弱さを引き受けたくなくて
若い人(子供)を利用する。」

ってお話でした!



自分への自信。
それは、自己を肯定する所からでしょ?

その肯定の中に、自分の弱さも引き受けられたら
もっといい^^

そう思ったのでありました^^



長い長いブログを
お読みくださりありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

ふじたカウンセリングHP

 

 


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^