fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

「できれば大人になんかなりたくないわ」 子どもたちは見ています。恥ずかしい大人の姿をね^^;

星を頂いたり、読者登録をしていただいたり、ありがとうございます^^

 

私は実はこのブログの使い方あまり良くわかっておらず、説明を見ればいいのですが

 

その時間もなく、日々アメブロで書いているブログをこちらでもアップすることが精一杯です。

 

星をくださった方、読者登録してくださった方のところにお邪魔させていただくことで

 

お返しさせていただいております。

 

申し訳ありませんが、先にその旨ご了承願います・・・

 

 

 

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 離婚・修復カウンセリング 親子・育児相談(保育士の経験もありますので色々な方向から) 人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング -believe in yourselfーあなた自身を信じて・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

 

 連休が終わりましたね^^


皆様はいかがお過ごしだったでしょうか?

お仕事だった方もおられるでしょうね・・・

ふじたは 夫が赴任先から帰宅してましたので、
娘の提案により、急きょ「ユニバーサルスタジオジャパン
(略して ユニバ)へ行って参りました^^

親の私にはよくわからんのですが、何ですっけ?
え~~~っと、・・・・・・・・・・

・・・・・・・・すいません、名前忘れました(・・;)

よくわからんのですが、イーパス?だったかな、
順番をそれほど待たなくてもいいように
先にチケットを購入しておくんですね。

あと他に、食事にも少し余分に支払うことで
アトラクションを待たずに乗れるメニューも
あったりしますね…

とにかく、中2のべっぴん娘に、高1のイケメン息子が
しっかりお付き合いしてくれたおかげで、
ふじたと夫は久々にのんびりと
お散歩?やショーやお茶を楽しみました^^

子どもたちから連絡来る時は
「お腹すいたよぉ~~~」とか
「お茶しない?」とかね^^;

久しぶりに楽しかったのですが・・・

子どもたちは時々ムカムカしたようで・・・

(ふじたのブログですから、楽しかったです^^ 
で終わるわけがない((o(-゛-;)


奈良の自宅を6時に出て大阪の実家へチワちゃんを預け、
そこから電車でユニバへ向かいました。

到着したのが8時。
その時点でゲート前はすでに沢山の人です・・・

すでにお疲れモードの大人たちも居ます。

ふじたは こういう時は必ず、体が小さいので
押されますし、
抜かされますし、
ぶつかられます^^;

例のごとく隣の幼い子どもを連れた人がベビーカーごと 
ふじたをジリジリとゲートが開いて直ぐから押してきました。
そして、ふじたと並んだと思ったら、
今度はぴったり密着してきて
押されるままに進んでいくと
「隣のおばさん、押してくるわぁ~~~」

え?わたし?わたしのこと?おいおい待ってくれい!!
押してるのはあなたよ・・・

こんなこといつものこと・・・

しかし、子どもたちは慣れていない・・・
(あ、別に慣れることじゃないですよ。
こんなことは^^;)

彼らは一目散に狙っていたアトラクションに向かって
走り去り、順調に滑り出したのですが、
徐々に並ばなくてはいけなくなってきますよね・・・
けど、イーパスをここで使うのは勿体ないので、
一般の列に並びます。

すると後ろからカップルや、子ども連れの親子に
順番を抜かされそうに何度もなったそうです・・・

べっぴん娘はのんびり屋さんなので 
あまり気が付いていないのですが、
イケメン息子はお怒りモードです^^;

それで、その場でその大人を睨み付けてから妹に
「お前な、こういうところではちゃんと並んでいないとな、
恥ずかしい大人がいるからな、ぬかされるんやで。
気をつけろよ」
っと言ってから更にその大人を睨む・・・

(やめてくれ・・・なんでこうも昔の私に似てるんだ・・・^^;)

こんなことが何度もあったようで、
途中で待ち合わせてお茶や食事するたびに
文句タラタラ吐き出すイケメン君・・・

こういう場所では皆、
楽しい時間を過ごしに来ているはずなのに、
人混みにイライラし、
弱い者へと当たる人がいるものですね・・・

自分の思い通りにならぬ苛立ちを擦り付け、
ぶつけるんですね・・・

先日のブログで書いた家庭へお持ち帰り又は
家庭から社会へと悪循環のループ。

その図に似てるかもしれません。

こういう時、子どもたちは 必ず、必ず、見ています。

大人の姿を。

必ず、見ています。

恥ずかしい大人の姿をさらさないでいただきたい。

今の子ども達、ふじたの家に来てくれた若い人たち、
口をそろえるようにしてこう言います。

「できれば大人になんかなりたくないわ」

これはどういう意味でしょう?

彼らの前に身近に、モデルになるような大人が
「おらへん!!」
って言うてるんです。

「ああいう大人になりたいなぁ・・・」
そう思えるような大人が身近に
”居ないっ”
て言うてるんです。

だから「出来れば大人になんかなりたくないわ」

って言うんですね。

出来れば「自分は早く大人になりたいねん。」

そう言って目を輝かせて話してくれる子どもたちに
会いたいものです・・・

まぁ・・・ふじたも人のこと言えんですがね・・・^^;

失礼しました^^

※昨日facebookのお友達が「完璧な大人はいない。」というコメントを頂きました。
その通りです。
だからこそ、親だろうがリーダーだろうが、子どもだろうが、男だろうが関係なく誰もにサポートが必須なんですね。
ふじたがブログでいつもお伝えしていることですね。

 

 

 

 

 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^