fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

機能不全家族の人は人が怖いしコミュニケーション苦手で人との距離感がわからない。親子関係

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

 

藤田 侑杏恵 (ゆきえ)です。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事2018の年5月5日投稿記事より…

 

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m


ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。


私のブログで何かの助けになれますことをがあれば

大変有難く嬉しく思います。


今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

機能不全家族の人は人が怖いしコミュニケーション苦手で人との距離感がわからない。親子関係」

人と人との間合い
人と人との距離感
今日はそんなお話です^^
 

先日大阪の友人と奈良県桜井市にあります
大神神社さんへ登拝し、その後
天理市石上神宮
参拝に行って参りました^^
 
この神社さんは、ふじたにとって
意味深い神社で、、、
そこは話すと長くなるので、、、カットね^^
 
あ…やっぱり
一つだけ言うときましょか!(笑)
 
去年気学で「方違い」のお引っ越しをした際
ご縁を頂いた神社さんです^^
 
で、、、ですね^^

上の写真が今回一緒に登拝した友人ね^^
登拝したあと撮影したものです^^
二人とも結構スッキリした顔してます^^
 
この日はお互い仕事を調整して休みを取り
大阪から奈良の私の自宅の最寄り駅まで
朝7時半に来ていただき
そこから私の車で約1時間半。
 
まずは大神神社さん^^
 
「マイペースで行きましょ!!」
言うてね^^
 
正式には大神神社さんの中の
狭井神社さんで登拝許可いただきます^^
 
神聖な場所なのですが、ここ数年
パワースポットと呼ばれて
色んな方が登拝されてね、、、
興味本位とかね、、、
 
私は今回
去年夫と一緒に登拝しておりますので
二回目なのですが、、、
その時よりも
「初めて登拝する方への説明」
かなり厳しくなっておりました。
 
 
確かにね、お経を唱えながら
登拝されてる方もいらっしゃいますしね…
皆さん真剣なんです。
 
(宗教的なことは、ここでは置いといて…)
 
登拝後、三輪そうめんを頂いて
珈琲フロートなんかも買っちゃって(笑)
天理市にあります石上神宮へ参拝し
心地いい疲れの中
駅までお送りしようと向かっていると
彼女からこんな言葉が出てきました。
 
「ふじたさんと今回登拝して
思ったんだけど、、、ふじたさん
「間合い」が絶妙やな、、、って」
 
私、、、
「???」
 
友人、、、
「お互いが自分のペースを守りつつ
どちらが前で、どちらが後ろとも関係なく
それでいて時々ふじたさんが
後ろを振り返ってくれて
気遣いしてくださるけども
ほどよい距離でまた前に進む…

”ああ、これやな”って思った。
お客様との距離感も、この「間合い」が
大事やなと、、、」
 
彼女はディプロマエステセラピストなので
お客様のお肌に直接触れるお仕事を
されています。
 
ほすと、、、
お客さんは段々解放されて
色々話し出すんだよね、、、
 
きっとそんな時
彼女はほどよい距離感で
お話を傾聴しておられると思うんですね。
 
そこを言うておられるかもですね、、、



私は私で登りながら
色々気付かせていただくことがありました。
 
ただの登山ではなく登だからね
登りながら写真とか撮れないんです。
 
だから言葉だけでお伝えするのですが…
 


自然の中なので
いじったりしていないんです。
 
倒れたら倒れたまま。
 
雷に打たれて折れたところが
ギザギザになっててね
コケとかも生えてて。
 
そこには執着ってものが何もない。
 
そんな話を彼女としていたら
彼女の口からこんな言葉を
聞かせてもらいました。
 
「それでも根っこは
ちゃんと繋がってるからね^^
またこの子たちの肥料になって
育ててくれるからね^^
独りじゃないからね^^」
 
もう、、、泣きそうになったわ。

人との距離感
(彼女が言うところの「間合い」
とか
人と人との繋がり
とか

これは一度自立して
孤独を感じきったあとでなければ

本当の意味での自立は来ない。
(by 侑杏恵流^^)


と私は思っている。

例えば女同士の集まりで
自分だけ先に帰るってこと
なかなか出来なかったりする人
居てるかもですが、、、

それって過去に似たような場面があって
その時に先に帰った人が居て
その際
居なくなった人の陰口を叩く人を
見てきたりすると
自分の周りにいる人すべてを
信頼できなくなり
今目の前にいる人たちも
あの時と同じように
自分も先に帰ったりしたら
陰口、悪口、言われるのではないか…
という恐怖…からかもしれない。

だけど、それってさぁ、考えてみると
自分もそういうステートの人と
同じステートだということになっちゃうよ?

もし、付き合い程度でそこに居て
先に帰って自分の時間を大事にできたなら
その人たちが自分が先に帰った後で
何を言うていようが
気にならないのではないか?

そもそも
お互いがお互いを大切に思いあい
お互いがお互いを尊重しあえている
そんな関係であれば
不安を感じることはないわけで、、、(^^ゞ

そういう関係性でないのなら
適当にやったっていいわけで、、、

それでも、そこの関係に
こだわるのであれば
裏に何かあるんだと思う。

そこ、傷と繋がってたりする。

その傷がある状況と
傷を癒した後の状況と
物事の受け取り方、捉え方はどうなるか?

例えば同じアドバイスを受けたとしても
傷がある自分と
傷を癒した後の自分では
受け取り方
捉え方は
大きく変わってくることになるんです。

自分の時間を大事に考えて
心置きなく、その場を
立ち去れるか否か
…ってことですね。
(心の自立と繋がってきます。)



今回友人は私の登拝中の
「間合い」
「距離感」が
絶妙だったと言うてくれましたが、、、

それは恐らくお互い自立していたから、、、
っていう可能性が高いように思いました。

もし、どちらかが
依存性が高かったなら、、、

「一緒に並んで歩いてもらわないと嫌だ。」

って思ったかもしれないですよね?

一度一旦自立し
孤独と覚悟と責任の重さと同時に
自由を知り
その上で人と繋がる大切さを学んだなら

自立前の自分が繋がっていた関係性とは
違う質の関係性を持てる人と
繋がることを選ぶでしょう。


それが今回の友人が言うところの
「間合い」と「距離感」
だったのかなと今、改めて
思い返しております。

多くの機能不全家族の人たちで
大人になってきた人たちは
人との繋がりやコミュニケーション
自分というものの扱い方が分からず
混乱したまま日々をやり過ごしていく方が
多いように思います。

先にも書きましたように
自分の傷を受け入れ
大切に取り出し
そこで癒すことをしっかりできれば
その傷は初めてそこで生かされ
次へと進めます。

無駄な傷などありません。

無駄な経験もありません。

勿論、させられない経験もあります。

ですが、例外はともかく
一件マイナスに見える経験は
プラスに転じることが多いのです。

その転じる時、癒しが起きます。

癒しが起きれば
人と人との間合いも
距離感も掴めてくるし
相手の傷も自然に見えてきて
どう距離を持てばいいのか
分かってきます。

さらに、介入のタイミングも
自然に分かってきます^^

自分の傷に癒しが起きれば、それだけ

できること
分かること
見えてくること

が増えます。

生きやすくもなります。
呼吸もしやすくなります。

あなたがもし、観る勇気が持てたなら
その勇気
私たちはいつだって歓迎いたします^^

今日は
機能不全家族の人は人が怖いしコミュニケーション苦手で人との距離感がわからない。親子関係」
ってお話でした^^

まずは自分^^
自分を助けて救い上げて
(その方法はセラピストによって
様々だともいますが…)
そこを通過して初めて
我が子やパートナーに伝染します。

伝染していないようで
伝染します^^

あとは伝染し感染した人が
発症させるか否か決めること^^

今日も長くなりました!!
いつも、お読みいただき
ホントにありがとうございますm(__)m

ふじたカウンセリングFacebook


 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

 

ふじたカウンセリングHP

仮面を被ったままでは怒りは溜まる一方です。機能不全家族 あるある。親子関係

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

 

藤田 侑杏恵 (ゆきえ)です。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事2018の年4月24日投稿記事より…

 

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m


ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。


私のブログで何かの助けになれますことをがあれば

大変有難く嬉しく思います。


今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

「仮面を被ったままでは怒りは溜まる一方です。機能不全家族 良くあるある。親子関係」

 

 

先日、同じ師を持つセラピスト仲間

大場の兄貴と京都で3か月ぶりに

デートしてきました^^

その時に感じたことを大場の兄貴が

ブログに書いてくれています^^

 

自分に寄り添える分だけ、人のこころに寄り添うことができる

何回か彼のことを今までブログで

ふれてきていますよね^^

 

京都の先生のところでヒーリングを受けた際

自分のことについてヒーリングで

ファミリーコンストレーション

っていうのを運が良ければ

お願いできるのですが、、、

そこで代理人

大場の兄貴が登場人物として出てくれて、、、そこからの繋がり、、、

 

ここら辺については長くなるのでカットね^^(笑)

 

で、、、

 

今回大場の兄貴も書いてくれていますが、、、

 

私も私なりに感じたことが今回あってね、、、

 

私の奥底に密かに隠し持っていたマグマを

チョンチョンと突いてもらったんね。

 

突いてもらったことで、、、

隠れんぼしていたマグマが

「もうそろそろ出てもええころあいやろ?^^」

って出やすくなったんですね。

 

何でもそうですけど、、、

ベストなタイミングってある。

 

私たちは

人を無理やり変えようとしてはいけないし

自分を無理やり変えようとしてはいけない。

 

 

 

そして今

このタイミングで起きている変化変容は

もしかすると、この地球上で誰もに

起きてるタイミングかもしれませんね、、、

 

気学的に見ても今年は隠していた問題が

次々浮上していますよね、、、

もめごとも多くなります。

今まで言わずにいたことが

「この際、言わせてもらいます。」

って感じで浮上しやすい。

 

そんな年です。

 

 

で、話を戻しますね。

 

 

詳細書くと長くなるのでサクッ!!

とね、、、

「こういうことよ!!」

っていう内容で(笑)

 

(それでも十分長いよねwww)

 

 

 

人ってね、自分が傷ついた経験があると

できれば大事な人には

 

「傷つけたくない。」

 

って思うもんなんだよね、、、

 

全くそこに何の

情も

愛情も

友情もない

 

赤の他人に対してならば

平気で言えてしまう言葉も、、、

 

例え相手が

今まで自分を苦しめてきた

肉親や友人であっても、、、

 

なかなかねぇ~~

 

口では悪く言うてても

深海とか海底では

繋がっていたりすんだよ、、、

 

当の本人も気が付けない。

(まさに自分では気が付けない、、、

ってところが

問題をややこしくさせるんだよね、、、)

 

 

「役割」ってあるでしょう?

 

それを甘んじて引き受けてしまう。

 

その時の自分って

仮面かぶってるよね、、、

 

ホントはやりたくない

ホントは断りたい

ホントは引きうけたくない

ホントは切りたい

ホントは関わりたくない

ホントは距離を持ちたい

 

 

でも、どうしてできない???

 

 

それが海底で深海で

相手と自分の無意識が

繋がってるってことなんだよ。

 

繋がりを断ち切ることが出来れば

苦労しない。

 

だろうよ。

 

でも、、、仮面剥がせないんだもん。。。

 

 

例えば家族で

手のかかる人が居るとするでしょう?

 

それで周りは困ってる。

 

でもなぁ、、、

 

困らせる役を演じさせられてる、、、

としたら?

 

それは今生だけの問題ではなく

別のものからってこともあるかもしれん。

 

(そこらへんは話すと長くなるし

ややこしくなるので

今は横に置いてね。)

 

自分は家族からアウェイで反抗し反発し

やりたいことやってると思い込んでて

実は、その役割を演じることで

その家族の機能不全に

何らかの恩恵を家族の誰かに

与えることになっているとしたら???

 

つまり、、、

その困らせる人が居てくれることで

得してる人が必ず居るわけ。

 

これ、家族システムではよく

 

「あるある」

 

ですよね。

 

で、もし、その人が消えたらどうなる?

多分別の誰かさんが

その役目を引き受けさせられるんだよ…

 

もしくは少ない確率だけれども

 

周りがハタと夢から覚めたように

変化変容が起きる。

 

 

親の苦労を見てきた人は

なかなか自分に対して

「幸せになる為の許可」 が

与えられなかったりするのね。

 

実際そういう人、沢山見てきたわ。

 

ここで具体的に内容書くのは

あえて控えるね。

 

でも、その関係性を

片方が断ち切るとどうなるか?

今までのバランスが崩れる。

だから、代わりを見繕って

別の奴に同じ役を演じてもらうか、、、

 

もしくは

 

代わりにさせられそうになった人も

そこから健全な場へ立ち去るか、、、

 

です。

 

 

 

仮面をかぶったままでは居られないんよ。

 

いつかその仮面を剥がす時が来る。

 

仮面をかぶったままで居ようとするのは

何で?

何をそれによって

得ようとしてるのか?

又は

得ているのか???

 

 

前回のブログで書いたでしょう?

 

 

まず自立なんだよ。

 

その自立の前はどういう状況?

 

依存でしょ?

 

共依存もあるかもね。

 

そしたら、仮面かぶることで

お互いうまくいってるわけね 多分。

 

でも、それ、演技だから疲れてくるのよ。

で、怒りがたまってくる。

 

だから

♪ありの~ままの~姿見せるのよ~~~♪

 

がメッチャ売れたの。

 

誰もが仮面かぶってて、しんどいからね。

 

 

型にはまって

何処かの組織やグループに

居場所見つけて

生き延びないとやっていけない…

 

そういう社会システムやから。

 

でも

そのなかでも自分を保つ方法はある。

 

その時、自立が起きるかもしれません。

 

 

「”常に誰かと連絡とりあったりしていないと

繋がってる感じしない”

とか言ってね

確認し続けるママ友がいるんだ。」 

 

と、最近ある新米ママから

教えてもらったんだけど、、、

 

人と係ることの面倒くささを感じ

ある時、独りの自由を知り

自立する。

 

自立によって

独りでいることの自由を感じ切る。

 

他人(人)との関わりを断ち切ることで

面倒くさいやり取りから解放される。

 

すると、そのプロセスの中で

時間の経過とともに

徐々に人と人との繋がりの大切さに

気づき始める。

 

そしたら、そのあとの人との繋がりには

最初の自立する前の繋がりとは

全く別の関係性を

人と築けるようになってきます。

 

それがプロセス。

 

勿論人によって様々だけどね。

 

 

連絡途絶えてると電話しづらいですか?

 

 

でも相手はそんなこと

思っていない可能性が高いかもよ?

 

私は高校時代の友人とは

年賀だけのやり取りでしたが

去年どうしても

高校時代の友人のサポートが必要で

連絡した時、速攻でOKしてくれました。

 

有難かったですよ勿論^^

 

けどね、そういう関係性が

むっちゃ楽やなと思うんです。

 

大場の兄貴とも話してたんですけど、、、

 

自分の周りで増えた新たな関係性で

ものすごく自分が変化できたことの報告とか

新たな発見とかね、お互い伝え合うわけ。

 

そしてお互いそこについて

ともに喜び分かち合える。

 

もし、お互いの中に傷があったりすると

相手の話についてケチを付けたくなったり

嫉妬がわき起こったりね。

 

でも、大場の兄貴とは

お互いの領域を守りながらも

対等性があって

委ねることができても

依存はしない。

 

なのに介入OK^^

 

何でそんなことが起きるんか?

 

大場の兄貴も別の言葉で書いてます。

 

私はこう感じています。

自分へのジャッジも怒りも厳しさも

かなり減ったんだと思います。

 

それでも人間やからね。

 

完璧じゃないし、まだあると思います。

 

「もう私は完ぺきに傷が癒えましたっ。」

 

そう思ってても、ちゃんとクライアントさんが

教えてくれます^^

 

セッションしていたら分かるからね

自分のことも^^

 

私の場合

相手が信頼できるセラピストではない限り

ただの会話やお喋りでは

気が付けないことが多い。

 

そうやって腕を上げていくんだと思います。

 

 

自分の中が掃除されていくと

不思議なことに流れも徐々に

変わってきます。

 

私らは

 

人を変えようとしてはならないし

自分も変えようとしてはならない

 

むしろ

 

その今の自分をまず引き受けてやるんです。

そして、その思考は

誰からダウンロードされたものなのか?

更に、その思考は

いかほど今まで役にたってきたのか?

 

(blogでは書ききれませんね💦)

 

 

まずは体からの声に耳を傾けて

そして心の声にも耳を傾けて

 

仮面をそっと外してホントの自分の顔を

誰も居ない所で見てみる。

もしくは安心できる場所で

安心できる立会人のもとで

(セラピスト・カウンセラーの前で)

 

徐々に

徐々に^^

 

その勇気が持てたなら

半分解決したようなもの^^

あとは

 

お近くのセラピスト又はカウンセラーと共に

寄り添い伴走してもらいながら

自分のペースで歩んでみてください^^

 

私たちはいつだって

あなたのその勇気を

歓迎いたします^^

 

今日は

 

「仮面を被ったままでは怒りは溜まる一方です。機能不全家族 あるある。親子関係」

 

ってお話でした^^

 

そうは言ってもね、仮面が必要な時もある。

 

仮面はホントに必要な時だけで良ければ

随分楽になります。

 

ここでこそ、その仮面取りましょうっ

 

て時、、、

 

怖いよね、、、

 

今までの自分は偽りだったと

相手に伝えることになる。

そしてそれは同時に

相手を傷つけることになりはしないかと。

 

それが怖いんだよね。

 

どっちがいいんでしょうね、、、

 

嘘偽りのあなたでいることで

相手にあなたのエネルギーは

吸い取られてはいないだろうか?

 

あ、、、

 

最後に毒刺しちゃいましたかね💦

 

お許しを、、、

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

お知らせ

5月一杯スモールスカル

モニターセッション受け付けております^^

心と体を一度にリフレッシュしたい方^^

この機会お見逃しなく!!

詳細はこちらです^^

 

 

本日のアメブロ記事…

 

ameblo.jp

ふじたカウンセリングHP

愛犬ちわちゃん、至福のひととき^^

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

 

藤田 侑杏恵 (ゆきえ)です。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m


ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。


私のブログで何かの助けになれますことをがあれば

大変有難く嬉しく思います。


今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

少し前にFacebookでも投稿したのですが、、、
珍しくアメブロでプライベート投稿です^^

今日は、ねーねも、にーにも、
二人揃って大学が3限目から。

ってことで私はお先に家を出る。
 
いつも置いてけぼりで寂しいのだけど
今日みたいに朝ゆっくりで
家の人が居てくれると
こうして(ねーねの)あぐらの中へ入り込んで
寝てしまいます。
 
ねーねは、いつも遊び相手役。
 
朝食後のまったりタイムは
気持ちいいね(*^-^*)
 
少し前に帰宅して
家事を済ませて
お昼ご飯今頂きました!
 
って、もう夕方💦
 
さて
夕飯準備いたしましょ!
 
今日はこの時間帯に
自宅にいられる奇跡!(笑)
 
ちょっとワクワクしたりして!\(^^)/


今日はプライベートでした^^

ふじたカウンセリングFacebook

時々、いえ、結構
こんなプライベートな投稿も
Facebookではしております^^

お友達申請大歓迎^^
ですが、、、
ご挨拶程度で良いので
一言メッセージをいただいた方のみ
承認しております。

ご理解よろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

ふじたカウンセリングHP

経験は最高の資源。自分を信頼し自信をもって子供が生きれるよう親がモデルになること。

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

 

藤田 侑杏恵 (ゆきえ)です。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事2018の年4月18日投稿記事より…

 

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m


ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。


私のブログで何かの助けになれますことをがあれば

大変有難く嬉しく思います。


今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

「経験は最高の資源。自分を信頼し自信をもって子供が生きれるよう親がモデルになること。」


 

今日はまず、あさださんのブログのご紹介^^

まずは、読んでみられたし!

 

経験することすべてに意味がある。「経験」はこの世界に生まれてきた意味を確認する作業です。

 

 

私の京都におられる先生はこう言います。

 

「私たちは幸せになるために生まれてきた。

ってよく聞くけれどホントはそうじゃない。

だったら世の中

不公平なことばかりなのに、、、

そう思わんか?

 

本当はこうです。

私たちは経験するために

生まれてきたんです。」

 

辛い経験、苦しい経験、悲しい経験

身を切るような痛い経験、切ない経験

地獄のような日々の経験

色々あるけど

その経験をするからこそ反対側の

 

甘い経験、嬉しい経験、楽しい経験

天にも昇るような経験、を感じられる。

 

勿論

しないで済むに越したことはない経験も

多々あります。

 

それについての良い悪いは

ちょっと横に置いといて、、、

大きな視野で見たとき。

 

経験って素晴らしい資源だと思うんです。

 

例えば

幼少期から大人にかけての育つ段階で

様々な経験を子供から奪うことは

社会に出るときに盾も矛も

持たせてもらえぬまま

放り出されるようなもの。

 

特に「失敗」という経験は

多いに越したことはない。

 

一つでも多くの失敗を

子供時代に経験しておくことで

それを乗り越えるプロセスを踏んだとき

 

失敗しても乗り越えていける!

 

という自分への大きな信頼を獲得します。

それは同時に

自分に自信が持てるようになる。

ということでもあります。

その自分への信頼と自信は

最大の武器でもあり

大きな自分を守ることができる盾にもなる。

 

だから、経験はものすごく大事です。

 

でも、今日お伝えしたいことは

これとは別にもう一つ。

 

あさださんが言うておられる

「経験」 とは

このもう一つの方だと推測されます。

 

どっちかというとこっちの方が深いね、、、

 

「あなたは知っています。」

 

これね、深く頷ける。

 

あまり公では言わないで来てるのですが

私が最初の子供をお腹に宿したとき

 

「この子は先に逝く。」

 

ということを私は最初から感じていました。

 

でも、打ち消していたんです。

 

結婚するもっと以前から実は知っていました。

 

私の最初の子供は先に逝く。

 

 

何でこんなことを思うんだろう、、、

 

不思議でしたね、、、

 

 

妊娠したら、いつそのときが来るのか、、、

 

探していました。

 

 

でも、段々そんなことを忘れていきます。

 

あれは何かの思い違いだとか

思い始めます。

 

でも、やっぱりそのときは来るんですね、、、

 

魂とか、潜在意識とかいうレベルって

実は何でも知っていて覚えてるんだよね。

 

例えば、犬とか猫とかね

人間と一緒に暮らして飼われていても

野生の習性って残ってるでしょう?

残ってるっていうより、、、

はるか遠い時代の生きていたころに

培われた本能や遺伝子レベルに

組み込まれていて消えないのね。

 

そこと似てると思うの。

 

過去性とか言うでしょ。

 

あれだって何で出てくるの?

 

自分その時代のこと知らないはずなのに、、、

 

ですよ。

 

催眠療法とか、アクセスバーズとかMTVSS

っていうセッションをすると

何故だか皆さん出てこられる。

 

これって知ってるってことなんだよね、、、

 

その経験をもとに、今生で私たちは

さらに経験をするために生まれてきた。

 

最初は私も納得なんかできませんでしたし

今だってそうです。

 

「それにしたってよぉ!!

なんでこんな人生選んだよ???」

 

って感じすwww

 

だけど、ふっとわき起こって

出てきた言葉とか感じることって

 

「今だ!!」

「このタイミングだ!」

 

って自分が(潜在意識が)

自分に(私に)

教えてくれてる感じがするんです。

 

だから、ふと、ぶらりと、

 

「あそこ行ってみたい」

って思って行ってみたときに

ミラクルが起きたりするんじゃないだろうか。

 

批判するわけじゃないですが(^^ゞ

 

「私は○○に守られている。」

 

ってね、、、

 

これは自分が自分に対して…ですよ^^

はるか遠い彼方からのご先祖さん含めて^^

 

勿論、○○だって万人に対して

そうされていると思う。

 

誰も特別扱いなど○○はしていません^^

 

ようはですね

自分の感覚に従ってみること。

だと思うんです。

 

思考で

とか

損得で

 

ではなく。

 

思考で動くとですね

そこに支配とかコントロールが入るんですよ。

 

それって、「期待」も入る。

 

でも、、、そこには

「心」

が入っていない気がするんです。

 

「人と人とのやり取り」に

「心」がないやり取りは

どこか冷たくて寂しい気がします。

 

自分に対しても冷たい。

 

だから、「心に聴く」んです。

 

自分はどうしたいのか?

 

でも、そこに誰かを巻き込み、

「我さえよかったらええねん、、、」

っていうのは

「我」です。

 

お互いがお互いに

自分を大事にしているからこそ

相手も大事にできる関係

であればいいですね…

 

その為にはまず自立

 

自立が先です。

 

そして一人の自由を味わってみて

他人と係る面倒くささから解放され切った後

初めて人と繋がることの大切さを

知るんです。

 

まず自立です。

 

そしてそのあと本当の意味での

人とのコミュニケーションが深さを増します。

 

その時、繋がれるコミュニケーションは

相手の顔色を見たり

思考で繋がったり

損得ではなく

お互いが孤独でもあり

困った時は助け合える関係です。

干渉しあわない関係です。

楽な関係です。

 

ここに行くには

プロセスを踏む必要があるんです。

 

自立が先。

 

そして本当の意味での繋がりを知るのです。

 

私たち親は、本当の意味での自立と

人との繋がりの大切さと「自由」を

親自身がモデルになることで

伝えていけたらいいですね…

 

「生き方」は子供が一番身近で見るのが

親ですもの。

 

その為にも

親が解放されていくこと

が先決だと思います^^

 

今日は

「経験は最高の資源。自分を信頼し自信をもって子供が生きれるよう親がモデルになること」

ってお話でした^^

 

言うは簡単

行うは難し

 

親ってホントに大変な業です。

そして子供も大変な業です。

 

親も未熟

子供も未熟

 

私もそうですが

親は子供に育ててもらい

教えてもらうんですよね…

 

そして親離れ子離れが自然にでき

お互いの境界線の距離を保てるからこそ

安全安心がそこに得られ

気楽に帰省出来たりする関係が

生まれるのじゃないだろうか。

 

帰りたくない実家ってことは

それだけその家の空気が重かった。

…ってことでしょうから…

 

まずはそこからスタートですかね、、、^^

 

これって、どういうこと?

どういう感覚なのかしら?

 

そう思われたら気楽に

お近くのセラピストをお尋ねください^^

 

私たちはいつだって

あなたのその疑問 そして

あなたのその勇気を

 

歓迎いたします^^

 

 

最後に

あさださん、いつも深いブログ

ありがとうございますm(__)m

 

これからもよろしくです^^

 

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

お知らせ

5月一杯スモールスカル

モニターセッション受け付けております^^

心と体を一度にリフレッシュしたい方^^

この機会お見逃しなく!!

詳細はこちらです^^

 

 

本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

ふじたカウンセリングHP

その怒りはあなたのものです。生い立ちのプロセスからくる負の連鎖。親子・夫婦関係

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

 

藤田 侑杏恵 (ゆきえ)です。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事2018の年3月28日投稿記事より…

 

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m


ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。


私のブログで何かの助けになれますことをがあれば

大変有難く嬉しく思います。


今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

「その怒りはあなたのものです。生い立ちのプロセスからくる負の連鎖。親子・夫婦関係」

 

今日は親子関係のもつれからくる「怒りの感情」についてです。

 

その前にね、この方のブログの一部を先に抜粋したい。

 

Facebookで繋がっている方は先日投稿したので

ご存知の方もおられるかもですね^^

 

Facebookで繋がっているSさんのブログです。

Sさん宛てにこんなメールが届いたそうです。

 

「Sさん。初めまして。

私はあなたをとても信頼しているひとりです。

以前、お世話になっていたヒーラーに、現在生霊を飛ばされており困っています。
脳内が整理されず、なにも手がつかないのです。

それというのも私はそのヒーラーの講座を受講しており、

その時は事業を成功する運気をあげたくて

必死で学んでおりました。

私はその方に500万もの大金を注ぎ込んでおります。
でも「執念が強い」と言われ、破門になってしまいました。

悔しくて悔しくて、今Sさんにご連絡差し上げております。
取り立てたい気持ちがいっぱいです。仕返ししてやりたいです。

こちらが泣き寝入りしていることを良いことに、生霊まで飛ばしてくる輩に復讐したい気持ちです。

まずはこの生霊をどうにかしないとなにも手につきません……

~略~

私の願いを叶えてください。生霊を消してください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



OK、任せろ(*‘∀‘)


生霊消しといてあげる♪

ただし……





あんたが送ってるやつな(´◉◞౪◟◉)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

過去にも何度もブログでお伝えしてきておりますが、、、

 

怒りって厄介。

生き霊はもっと厄介。

その怒りも
その生き霊も

相手からのものではなく

自分やでな、、、

 

その怒りの感情は相手によって

怒りを感じさせられたものではない。

 

っということです。

 

難しいね。

 

説明しますね。

 

前回のブログ。

「あなた達は親孝行をするために生まれてきたのです。本当の親孝行って知ってますか?親子、夫婦関係」

 

そして前々回のブログ。

「卒業式のあとのスピーチで娘に言われたこととは、、、「お母さんみたいになりたくない」親子関係」

 

 

 

手前味噌ですが

うちの親子の話を出させていただきました。m(__)m

 

このブログを読んで怒りの感情が湧いた方、、、

おられると思います。

 

なぜ?

 

Facebookのシェアでは200と100を超えているのに?

 

でもです。

 

感じ方はその人のステートによって変わります。

 

皆が皆、OKではないんですね^^

 

そしてそれでOKなんです。

 

 

プロセスは人によって様々です。

 

 

例えば、以前の私なら卒業式の日に娘にクラスメートの前で

 

「以前お母さんみたいになりたくないって

言ったことあったけど、、、」

 

なんてね、スピーチで言われたら

後から結構怒ってたと思います。

 

「何も皆のいる前で言うことないじゃないか!」

「私をさらし者にして!!」

 

そうです。

さらし者の傷があると過剰に反応します。

 

健全な人のようにはいかないんです。

 

でもそこをケアしておけば

「笑い」 に変えることができます。

 

「うん、当然やと思う!!(^^)!」

 

とね。

 

もし、娘も傷だらけなら絶対に皆の前で

こんなことスピーチで言わないでしょう。

顔色見るからね、、、

 

そして実際、私たち親子も夫婦も

過去の私が台風の目だったので

本当に皆を巻き込んで傷だらけにしました。

 

子供たちはボロボロでしたし

夫も手に負えず家に帰るのが苦痛だったと思います。

 

離婚の危機も何度もありましたwww

 

なぜ、いつも繰り返し私が

 

「親のケアが必須だ」

 

と言うのか?

 

痛いほど私自身が身に染みて体験済みだからです。

 

傷が癒えていない人にとって

 

「あなた達は親孝行をするために生まれてきたのです。本当の親孝行って知ってますか?親子、夫婦関係」

 

このブログも怒りが出ます。

 

例えば

親からの「支配」と「コントロールまみれ」になってきた人にとって

 

私は

俺は

今まで散々親の言うこと聞いてきた。

親孝行してきた。

それでもまだ足りないというのか!!

 

って感じるかもしれませんね、、、

 

このブログには一個も親孝行の内容について

 

「親の言うことを聞く良い子供になれ」

 

なんてどこにも書いていないのに…です。

 

むしろ

 

「あなたが自分の人生を生きることこそが

親孝行に繋がるんだ」

 

と書いている。

 

親がどう思うとか関係ないの。

 

そんなことよりも

まずあなたが自分の人生を生きることで

親のようにならずに生きる姿を見せることで

ある意味、親への「復讐」になるかもしれないし

ある意味、万に一つの確率で

親が何かの気づきに出会うかもしれない。

 

 

 

このブログには、こうも書いています。

 

「人と人との繋がりも大切なんだ。
…ということを知って欲しい。


親は、サポートしながら、それをあなた達に
無意識に伝えるんです。

親は本来そのために居るのです。
その継承こそが大切なのです。

その継承をしてもらえなかった子供は

意を決して離れていきます。

 

(先祖代々うんぬんかんぬん…
継承者が居ないうんぬんかんぬん…

 

クソ喰らえです。

先祖はそんなことであなた達に

祟ったりはしない。
そんなレベルの低い先祖は
そもそもどこにも存在しない。
子孫を守るために必死ですよ、むしろ。。。


先祖の祟りだと、誰かにもし言われたら、
疑ったほうが良い。
有り得ないですから。
それに、失礼な話だ。)


誰かのために生きるんじゃない。
自分のために生きることが、
結果的に誰かのために繋がるんです。」

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

苦痛なら

離れたらええんです。

 

いえいえ

離れていいんです。

 

距離を持ったらええんです。

 

それが出来ない人も居るかもしれない。

だとしたら物理的に離れることができないでいる自分に対して

怒りがわいてるんであって

その怒りは他人のせいではない。

 

物理的に離れることが例え出来ていたとしても、、、

「親孝行」という文字に過剰反応し

確実に親と分離できていないから

その自分に対して怒るんです。

 

体が離れていても、メンタルは

 

「こういうとき、親は兄弟は姉妹は○○って言うだろうな、、、」

 

って思い起こしたり

 

何かの拍子に過去の親や兄弟姉妹からの

虐待を思い出したりするだけで

潜在意識は繋がってしまうんですよ。

 

Wi-Fiと一緒なの。

 

そこで「思い出したり」「思ったり」するってこと自体

「呪縛から逃れられずにいる」ってことなの。

 

私ね、このSさんに

「将来は穏やかに死にたいわぁ~」

って何気なくFacebookでやり取りして言うたら

「つまりそれは今穏やかではないってことね^^」

って手厳しく返されたのね。www

 

そうそう^^

 

まだまだ私は穏やかになり切れていないっていう前提が

そこにあるんですね。

それでも以前よりかなり穏やかになりましたよwww

 

もっと常に怒ってた。

 

自分では気が付いていなかったけどね、、、

 

自分の専属のセラピストを見つけるのにホンマに苦労した。

 

「どいつもこいつも本物じゃない!

私のこの怒りの感情を引き受けられる

セラピストもカウンセラーもどこにもいない!!

低レベルの低次元の奴らばっかりや!」

 

えらっそうにそう思っていました。

 

何をしてもらっても、何を言ってもらっても

直ぐに相手を疑い、不信感募らせ、文句を言いケチをつける。

 

相手を承認するだなんてあり得ない。

 

それって自分を自分が受け入れていないからなんだよ。

だから常に怒りを出し続けていました。

 

京都の先生に出会い

そして今は関東にも頼りにできる尊敬できるセラピストに出会い

関西では

奈良県内で何かあった時お願いできるセラピストに出会い

大阪では歌と哲学の尊敬できる先生に出会い、、、

 

そうやって尊敬できるセラピストや仲間との出会いで

私自身が癒されていき

本来の自分を取り戻すことができ

家族との関係もメッチャよくなりました。

 

「負の連鎖は繰り返すまい。」

 

そう思い続けておりましたが

 

いつの間にか

 

そんなことも心の中で呟かなくなりました。

 

こうなりたい!って思ってる時は

まだそうなっていないってことなんですよね、、、

そしてそこには

怒りの感情や復讐心や生霊も飛ばしてるかもね、、、

 

でもね、、、気を付けないといけない。

 

怒りも生霊も自分に返ってきます。

そのダメージが本当にきついんです。

 

これも繰り返し言うてることですね、、、

 

っま、それでも

飛ばしたければ飛ばし続けていればいい。。

 

相手は受け取りませんから

飛ばしても飛ばしても戻ってくるんです。

倍以上になって。

そしたらいつしか、自分のエネルギー枯渇しますよ?

 

怒りの感情の下には沢山の

悲しみや

苦しみや

切なさや

寂しさや

認めてもらえなかった承認欲求や

その他諸々の感情を押し込め

それを隠すために

 

怒りを使います。

 

 

 

辛かったんだね、、、

 

寂しかったんだね、、、

 

本当はもっと話を途中で遮ったりせずに

最後まで黙って笑顔で聞いてほしかったんだね、、、

 

苦しかったね、、、

 

生きているのが苦痛だったね、、、

 

何のために生まれ生きてるのか

分からなくなった日々が続いたこともあったね、、、

 

あなたがあなたを愛し、

あなたがあなたを癒し、

あなたがあなたの味方にならずに誰がなる?

 

あなたを救えるのは あなたしかいない。

 

カウンセラーでもセラピストでもない。

 

私らみたいなものの仕事はただ

そっと寄り添い時々介入するだけや。

 

あなた自身がどうしたいのか

 

あなた自身がどう生きたいのか

 

今この瞬間でさえも あなたは何を求めているのか

 

それらすべては あなたにしか分からないし、

それらすべては あなたの中でしか存在しない。

 

後押しならナンボでもしよう。

一人が怖いなら一人でできるようになるまで黙って傍に居よう。

 

だけど最後に、

 

行動を起こすのは あなただ。

 

その時は、私らは透明人間になってでしか傍にいられない。

 

それでも、心強く感じることでしょう。

 

自分は一人ではないってことを知るんです。

 

今まで、どいつもこいつも

自分のことを理解できる人なんかいなかった。

 

そう感じてきたなら、なおさらです。

 

その持て余している怒りを少しづつ降ろしていくんです。

 

誰もがそうです。

 

誰もが傷を持っているんです。

その傷があるから、私らは沢山の学びを得るんです。

 

幸せになりたい?

 

幸せだけなんてないんです。

 

辛い経験があるから幸せを認識できるんです。

 

光だけなんて存在しない。

もし光だけ存在できたなら、そこには

生き物は存在していないということになる。

だって影がないんだから。

 

影があるから光を感じ

 

光があるから影を認識できるんです。

 

誰もにそれらは存在する。

 

だから理想の人を

過剰に美化しないで居られるようになるんです。

 

 

 

最後になりましたがFacebookでも繋がっている

尊敬するセラピスト中島さんのブログです。

 

内なる叡智と繋がる今日のメッセージ~愛という名の操作

 

 

「もうな、読んだって!

もうな、いいね10000000000したるわ!

これよこれ!
これをしよる。
される。

そしたら受け取りかたが歪んだ子供ができるねん!

「誰もそんなこと言うてへんやろ?」

ってな受け取りかたしよる。

そすとやな

人との繋がりとかコミュニケーションとか不細工になる。

怒りの塊になる。

ややこしいでー?

会話が成立せんからな。

これ、親だけやない。

あまり言いたくないけど教師も保育士も含めてやで!

かつての私もやけどな-W-W」

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

Facebookでシェアさせてもらった時に書き込んだメッセです。

 

まずは親です。

 

親の傷を癒し

親を解放することが最優先に必須です。

 

どうか、、、

 

どうか、、、

 

必要な方に届きますように、、、、

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

 

ameblo.jp

ふじたカウンセリングHP

あなた達は親孝行をするために生まれてきたのです。本当の親孝行って知ってますか?親子、夫婦関係

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

 

藤田 侑杏恵 (ゆきえ)です。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事2018の年3月17日投稿記事より…

 

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m


ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。


私のブログで何かの助けになれますことをがあれば

大変有難く嬉しく思います。


今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

あなた達は親孝行をするために生まれてきたのです。本当の親孝行って知ってますか?親子、夫婦関係」

 

 

本日の記事は

2016年03月02日(水) に投稿した記事を

一部抜粋し加筆修正したものです。

「あなた達は親孝行をするために生まれてきたのです。本当の親孝行って知ってますか?親子、夫婦関係」

 

最近はFacebookでも卒業式の投稿を

沢山見させていただいております^^

 

私のべっぴん娘も高等学校の卒業式を

先日終えたところ。

 

今日は二年前の投稿で

イケメン息子が高等学校を卒業した時に

投稿したblogを一部抜粋。

 

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

 

ふじたから
この春から新しいクラスや学校や

社会という未知の世界へ
旅立つ人達へ向けて。

あなた達は、
親の誇らしい子供になろうとしなくて

               良いんです。

あなた達は、
親のために生まれてきたのではありません。

あなた達は、
親の道具でもペットでもありません。

あなた達は、
親孝行するために生まれてきたのです。

最大の親孝行って何か知ってますか?

自分の人生を生きることです。

では、
自分の人生を生きるためには

何が必要ですか?

その為に誰がサポートしてくれていますか?

恐らく…親じゃないでしょうか?


何かを成し遂げようと思ったら、
必ず誰かのサポートが必要です。

人は独りでは生きていけないんです。

自分は今まで誰の力も借りずに

独りで生きてきた。

そう想っていたとしても…
必ず誰かの助けがあったはずです。



ということは、

人と人との繋がりも大切なんだ。
…ということを知って欲しい。


親は、サポートしながら、それをあなた達に
無意識に伝えるんです。

親は本来そのために居るのです。
その継承こそが大切なのです。

その継承をしてもらえなかった子供は

意を決して離れていきます。

 

(先祖代々うんぬんかんぬん…
継承者が居ないうんぬんかんぬん…

 

クソ喰らえです。

先祖はそんなことであなた達に

祟ったりはしない。
そんなレベルの低い先祖は
そもそもどこにも存在しない。
子孫を守るために必死ですよ、むしろ。。。


先祖の祟りだと、誰かにもし言われたら、
疑ったほうが良い。
有り得ないですから。
それに、失礼な話だ。)


誰かのために生きるんじゃない。
自分のために生きることが、
結果的に誰かのために繋がるんです。


自分は何のために生まれてきたのか?
自分の人生を生きるって何なのか?
人との繋がりを大切にするって何なのか?

10代には本当に難しい課題ですね…


親はいつだって子供を守りたいと思う。
それは世界各国共通でしょう。

 

だけど、守り方が

親の傷から来る守り方になると
子供は必ず反発する。

例えば
「あなたと相手とは学歴が吊り合わないね。
レベルが違いすぎるでしょ?
そんな子とは別れなさい。」

とかね…これも、親の傷ですよ? 苦笑

これは

子供を本当に守っているといえるのか?

だからこそ

親のサポート、ケアが必須なんです。
親こそ、サポートが必要です。

この先の日本を担う

若い人達のためにです。

☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

 

二年たって改めて思うこと…

 

人と人との距離間

人と人とのかかわりの中で育む繋がり

どんな言葉を使い

どんな言葉で相手に伝え

どんな言葉で語ればよいのか

 

コミュニケーションがうまくできない人は

これらの何が欠落し

そしてその欠けているものを

どのように学び補えばよいのか。

 

分からなくて薄暗闇の中をさまよいます。

 

言葉を知らなさ過ぎて

また知っていたとしても

それを使いこなせる自分は到底無くて

それを使っている人を現実で見たとき

吐き気がして気持ち悪くて

近寄れなかったり…

 

それはできなくした自分の過去の

足跡への怒りであり

その怒りを蹴散らかし周りを巻き込んで

助けを求め続けた。

 

ということです。

 

ただ

その助けの求め方はいつもいつも

周りから理解を得る許容範囲を超え

そのたびに相手からの裏切りを感じ

その為、人を信頼することを恐れます。

また裏切られ傷つきたくないからね。

だから、怒りを使って哀しみを覆い隠し

人からの好意も愛も受け取れなくなります。

 

親から受け継いだ継承が何なのか?

人との繋がり。

横の繋がり

縦の繋がりを

どう継承されてきたのか。

 

その人の背後にある

言葉で表現できないでいる

言葉で語れないでいる

その人の目に見えない物語を見ること。

 

それが私らみたいなものの

仕事なんだと思います。

 

親が自分の人生を大事に生き

親が自由を知り

親が人生を楽しむことが自分に許せれば

 

子供もその親の姿を見て

親をモデルにでき

自分のオリジナルで生きれます。

 

その為に、親が自分の傷を開放し

宇宙へポイ!

ってしませんか?

 

まずは親からです^^

 

子供からではありません。

 

まずは

 

親からなんです^^

 

あなたが逝くとき

子供に対して胸を張って

負の連鎖は最小限で抑えた!

 

と思えたらいいね。

 

今日は過去記事からでした^^

 

 

本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

ふじたカウンセリングHP

卒業式のあとのスピーチで娘に言われたこととは、、、「お母さんみたいになりたくない」親子関係

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

 

藤田 侑杏恵 (ゆきえ)です。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事2018の年3月7日投稿記事より…

 

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m


ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。


私のブログで何かの助けになれますことをがあれば

大変有難く嬉しく思います。


今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

「卒業式のあとのスピーチで娘に言われたこととは、、、「お母さんみたいになりたくない」親子関係」

 

3月1日奈良県では

県立高校の卒業式でした^^

 

これで子供の学校関係の式に

参列するのは最後。

 

大学は私はイケメン息子のときも

行かなかったし、べっぴん娘にも

行かない予定です^^

 

今日で父兄として最後やなと思いながら

式に向かいました。

 

イケメンと同じ高校なので大体の流れは

変わっていなければ把握しております^^v

 

確かイケメンのときは式のあと教室へ戻って

担任から卒業証書を一人ひとりに手渡されて

そのあと生徒一人ひとりが

スピーチをしていました。

 

その伝統が変わっていなければ

今日もクラスメート全員一人一人からの

思い思いの言葉を

聞かせていただけるんだろうなと、、、

 

そう思いながら参りました。

 

教室へ入ると、ぎっっしりと担任の先生への

感謝のメッセージが書かれている黒板が

まっさきに目に飛び込んできました^^

 

 

そして、、、予想通りと言いますか

スピーチタイム^^

 

なんと、、、

べっぴん娘はアンカーでしたwww

 

どの生徒さんも親御さんに対して

「今日まで育ててもらったことへの感謝」

「今朝卒業式当日だと言うのに家を出る時

親と喧嘩してしまって、、、

でも感謝しています。来てくれて有難う。」

とか

「いつも冷凍食品ではなく手作りのお弁当

ありがとう。」

など

ほとんどの生徒さんが泣きながらの

スピーチでした。

 

イケメンのときは泣いてる子は

少なかったのですが、、、

べっぴんのクラスは違っていました^^

 

さて、べっぴん娘の番です。

 

何言うんやろこの子、、、

って思いながら穏やかな気持ちで

娘の顔を見ていたら、、、

 

べっぴん

「18年間ありがとうございました(T_T)」

 

私「(*^^*)」

 

べっぴん

「(T_T)(T_T)(T_T)」

 

私、黙っておこうと思ってたんですが

あまりにも長い時間泣いて話さないので、、、

このスピーチタイムになったら

私からも何か言えたら良いな…

と思っていたので、、、

思わず出てきた言葉が

 

「あまり母親らしくなくって

いつもあなたばっかり家事を押し付けるから

(学校)遅刻ばっかりさせてごめんね。」

 

と自然に言葉が出てきました。

 

すると、べっぴん、、、

 

娘「(号泣)」

 

私(アカン(^_^;)余計泣かしてしもた💦)

と思いつつ、、、

「一番母親らしくないよね。

お弁当もろくに作らんし、、、

ほんとに、いつもありがとね(*^^*)

(私は母親だけど)ろくなこと出来ないもんね、、、」

 

「(T_T)、、、ずっと前に、、、」

 

私(お!やっと喋った!!なんや?^^)

 

”お母さんみたいになりたくない”、、、

って言ったことあったけど…」

 

「(即!)当然やと思う^^」

 

教室爆笑www

 

「ムカつくこともイッパイあるけど、、、」

 

「それも、当然やと思う!!」

 

教室爆笑www

 

「でも、、、ホントは、、、お母さんのこと、、、

尊敬してるし、、、」

 

「!!ありがとう!!

え?嘘!!ホントに???

(何言われたんか

分かっていなかった!!www

数秒後気づくwww)

嘘やん!!

だって、いっつも夜遅くまで仕事してて

全然夕飯とかまともに作らんし、、、

受験生やのに全然助けること

出来てなかったなと思って、、、

今日は私があなたに”ありがとう!!”って

言おうと思って、、、」

 

「まぁまぁまぁ、、、」

と手のひらで私の言葉を抑える(笑)

 

「これから大学行くと決めたので、、、

すっごいお金も沢山掛かると思うけど、、、

絶対大学で、良い、、、大人になって…」

 

「(速攻で)良い大人にならなくて良いよ。

ならなくて良い(笑)

あなたが自分らしく生きてくれたら

私はそれだけで十分満足^^」

 

「でも、、、お金返していこうと思うので、、、」

 

「それは、、、ボチボチでいいよ!」

 

教室中大爆笑で終わりましたwww

 

この一年間。

早朝から仕事で出かけ

帰宅が夜21時前後な日が沢山ありました。

 

帰宅したら、娘はすでに

夕飯もお風呂も済ませ勉強していました。

 

私の分も「チン!」したら良いように

ご飯を土鍋で炊いて

置いておいてくれていました。

 

母親らしいこと何も出来ずにおりましたわ。

 

ただ、私は1つだけ。

日々日常、機嫌よくおりました。

 

仕事でイライラってことは一割もなく

(100%超ご機嫌ってことはないですよ。)

イケメンもバイト始めていたし

それぞれがそれぞれの予定をこなす。

お互いが了解のもと一日をスタートし

予定をこなしたあと

各々に帰宅しておりました。

 

「誰かに許可取らずとも

自分で決めて良いのだ。」

 

ということを伝えたかった。

 

って思いもあります。

 

この生き方が良いのかとかは分かりませんが

少なくともこんなんでも

子供から嬉しい言葉を言ってもらえたことは

私にとっては何よりでした^^

 

2日前

彼女は自分で一生懸命少ないお小遣いで

貯めたお金でお友達と派手に

旅行に行っていました。

 

過去の傷だらけの私だったら

間違いなくこう言い放っています。

 

「そんなお金があるのなら、

親が貴方のためにどれだけないお金を集めて

入学金とか用意してると思ってるの?

旅行なんて言ってる場合じゃないでしょう!」

 

って嫌味言うてます。(多分、、、💦

 

 

「子供と親の境界線はとっても大事」

 

とか言いますけど

 

これを土足で踏み込んで

子供の心を深く傷つけるその傷は

その行為をしている

親のまた親の傷からです。

 

一生懸命汗水垂らして働いて

食べさせてもらっている。

 

着る服を与えられ

学校へも行かせてもらえ

なかには

塾や習い事やスポーツクラブ関係へも

行かせてもらってる。

 

だから子供はいつも

何も出来ない自分に対して

無力感でイッパイになって

 

「生まれてきてごめんなさい。」

 

…って心のなかで言い続けるんです。

 

私はそんな言葉を

子供たちに心の中で呟いて欲しくない。

 

むしろ

 

先日のラジオでも言いましたが

 

「自分に対して

年間数百万円の授業料を支払う価値がある。」

 

と思って欲しい。

 

その投資をしてるんだと^^

 

だから、べっぴん娘!

行きたいのなら堂々と胸張って行きなさい。

 

私はそう思います^^

 

今日は

「卒業式のあとのスピーチで娘に言われたこととは、、、「お母さんみたいになりたくない」親子関係」

ってお話でした^^

 

今は私達親の時代とは違います。

 

自分が大学生の頃をダブらせても

通じないことが多いね苦笑…

 

任せましょうよ^^

 

 

ちゃんと生き抜いていきますとも^^

 

 

ふじたカウンセリングFacebook

 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

ふじたカウンセリングHP