fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

その見たくない物を避け続ける大人のメンタルは?いつまで持ちますかねぇ~~~親子、教師・生徒

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事6月30日投稿記事より…

 

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m


ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。


私のブログで何かの助けになれますことをがあれば大変有難く嬉しく思います。


今日も宜しくお願いしますm(__)m

 「その見たくない物を避け続ける大人のメンタルは?
いつまで持ちますかねぇ~~~親子、教師・生徒」

先日ね、ろぷのーるさん が、FBで
こんな記事を投稿されておりましたので、
そのままシェアしますね。

ろぷのーるさん の許可は頂いております^^

今日、勤務先でありました。
「安全教室」
名前は「安全」でも内容は「危険」なんですよね(笑)
テーマは薬物乱用でした。
結論は麻薬に手を出すな。...

誘われても強い意志で断れ。
麻薬は「ダメ!ぜったい。」だって。

って言ったってねえ、強い意志が萎えているから
手を出すんだよね。っていつも思うんですけどね。
麻薬に手を出すメンタルって何なのさってところを
見ないでどうするのさって。

つまりは根本は依存症の問題ですよね。
(脳内)麻薬の依存性は
アルコールの比じゃないからねえ。
どこの学校にもいるけど、同じことを何回もやって
その度に叱られる子。
これも脳内麻薬による条件付けだよね。

 怒られることで緊張が増し、
その緊張の緩和のために
ドーパミンが分泌されるっていう条件付け。

話は変わるけれど
中学生にも携帯端末が普及してきて
「危険だから出会い系サイトに
アクセスしてはいけません。」
なんていうテーマの安全教室もある。

中学生全員が出会い系に
アクセスしたい訳じゃないんだよね。
じゃあ、
出会い系にアクセスしたくなる人のメンタルって何?
ってところが話の本質だと私は思うんだけど、
そこは見たくないんだよね。

っていうより見られないって言うのが本音だよね。



ろぷのーるさん は教師です。

教師がね、ここまでとは言わん。
少しでもメンタルのことをね
全員でなくてもいい・・・
9割でいい・・・

知っててくれていたらなっ

て思うんですよ。

これくらい、生徒の心の訴えや怒りや悲しみに
伴走できる人は、実際は
1割居るか居ないかじゃないでしょうか?

ん?少なすぎ?

そうかなぁ~~~・・・

まぁ、いいや・・・


言いたいことはそんなことじゃないんで・・・


ちょっと ろぷのーるさんの言うてることと
ふじたが今から書くことは
逸れるかもしれませんが…


脳内麻薬による条件付けだよね。

出会い系にアクセスしたくなる人のメンタルって何?
ってところが話の本質だと私は思うんだけど、
そこは見たくないんだよね。

っていうより見られないって言うのが本音だよね。


ここ・・・ここです。

応えられないですよねぇ~多くの大人たちはさぁ~

で、こういう授業をやって、
子供達に何を期待してるかって言うとね、、、

 「薬物って本当に恐ろしいものなんだなってことが
良く分かりました!」

とかぁ~(笑)

「出会い系サイトって恐ろしいところだと思った。
自分は絶対にアクセスしない。
もし誰かがそういうサイトに行っていたら
注意して止めたいと思った。」

とかぁ~(笑)
とかぁ~(笑)
とかぁ~(笑)

生徒がね

大人になるわけ。

分かる?

子供を大人にしてるのよ、大人たちが!!


でね、多くの大人たちはアホやから、
(あ、、、言い過ぎ!)
こういう授業を提案し、(組織が)
そんでもって机上で考えられた
大人たちのお堅い頭によって作られた授業を、
やらされる教師たちも含めて・・・

お気の毒どす~~(笑)


抗えぬ思いを抱えながらも
やる教師は まだまともよ。

でもな、

組織に入ってたら
なかなかそんなことさえ思いつかんわな。

この授業、意味があるのか?
そもそも、これは根本的な所に
メスが入っているのか、いないのか・・・

それさえ・・・

思考は働かん。。。



ろぷのーるさんは ある意味辛いわな。

知ってるからね。

でも、時々思うのよ。


こんな教師が
もし、うちのイケメン息子のクラスの担任やったら、
どんに良かったやろうと・・・

対等に向き合い
一人の人間として子供扱いせず
講師の権威を振りかざさずに
話をただ聴いてくれるだけでもええのになと…

言葉は無くても
そこに
その大人の本気の心が感じられたなら
彼らは治まる。



ふじたの子供たちが通う高校でも、
こういった授業は普通にある。

先日も薬物についての授業があったらしい。

いじめ問題のビデオの授業もあったらしい。

べっぴん娘はこのことを笑って話した。

イケメン兄と笑いこけながら

「お!お前も受けたかあの授業!」

って笑いこけながら話した。

登場人物の語る言葉に対して

その背景にある問題に対して

そして

問題はそこじゃないだろぉ~~~~!!!


ってところで二人が大受けです。

同じ所で二人が同じことに反応し

そうじゃないよね?

って語るんです。


意味わかりますかね。
それについて
笑いこけながらって話す二人の意味・・・

そしてこの二人の一致感…



人権問題の授業もある。

イケメン息子は教師に対して質問結構しよるんです。
(大人しくしとってくれよなぁ~~(^^ゞ)

国をまたいだ差別の授業ではもろに反応した。
校内でも帰化した日本人だけれど
あきらかに日本人じゃないと分かる生徒も
いてるそうです。

そして、彼自身も海外にお友達が居てる。
ネイティブアメリカンや
帰化した元ネイティブアメリカン
先祖がネイティブだったと知り
ネイティブアメリカンとしてこの文明社会に居ながら
戻った人も居るしね。

その差別の授業のなかで
色んな思惑が感じられイラつくんですね。
そして、そこをぶつけても
応えきれぬ教師に対して更にイライラが募る。

結局、組織に言われるがままにやらされているのか、
あんたがこの授業をやりたくてやってるのか

どっちやねん!

どうせ前者やろう?
前者やから、俺の質問にも
まともに応えられへんねん!

あんたの考えがそこにはないねん!





知ってるんですよ。


見たくないところを見せようとして、
ぶつけてくる生徒は教師側からすれば

うっとうしい。

でも、実は


恐いんです。





あえて、ぶつけてこない生徒たちが
大半ですよねぇ~。


でも、家に帰れば ⇩ こんなんかもしれません。



イケメン兄と笑いこけながら

「お!お前も受けたかあの授業!」

・・・って笑いこけながら話すんですよ。


通じ合う人が居て良かったよねぇ~~~

ここで、通じ合えない場合、
この二人はもっとしんどい…




実はですけどね・・・

この二人を見ているふじたも、

凄くしんどいんですよ・・・



それは、ふじたの問題なんですけどね…(笑)


さて、見ないようにしている大人たち。

誤魔化しがきくのは いつまでですかねぇ~~~



今日は、理解しがたい内容だったと思います。

あえて例え話なしで書きましたので…

例え話入れるとね
理解しやすいし納得しやすいんですよね。

でも、今回の記事に例え話入れると
エライことになる内容しか思いつかなかったので・・・
避けました。


それこそ、デカい組織相手に
書くようなもんですので…

まぁ、そんなん言うたかて
問題ないと思うんですけどね。

でも、実際に各学校で行なわれている内容に
今回の記事よりさらに触れることになるので…

いつか書ける日が来るかもしれませんが・・・

今日はこの辺で・・・^^

「その見たくない物を避け続ける大人のメンタルは?
いつまで持ちますかねぇ~~~親子、教師・生徒」

ってお話でした。


最後に、ろぷのーるさん
ありがとうございましたm(__)m

私よりご自身と向き合っておられる方です。

だからこそ、生徒と向き合う時の
若い方たちへのサポートは
私も勉強させていただいております。

学びって、終わりがないんですよねぇ~~~^^

そして学びたいことって

本当はとても楽しい事なんですよね…

だからこそ

その学びたいことを見つけるサポートが
大事なんですよね^^

 

 

 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^

 

 

本日のアメブロ記事…

 

ameblo.jp

ふじたカウンセリングHP