読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

生きる喜びを知るには自分の人生に責任を持ち、その為に「勇気と覚悟」を持てた人にだけ。親子関係から

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事1月28日投稿記事より…

 

 

「生きる喜びを知るには自分の人生に責任を持ち
その為に「勇気と覚悟」を持てた人にだけ。
親子関係から」

ここのところ、同じ内容が続いていますよね。

今日も同じ内容の一部です。

「人は行動を起こす時、必ず理由があります。
そこに例え理不尽な理解できない内容だろうと、
その人にとってその理由は
大事な大切な理由です。」

 

さて、今日は、
ある読者さんから頂いたメッセージを。。。


掲載許可いただいております。

この方はご友人から悩みを聴いて来て
色々自分なりにサポートをしてきたのですが、
何だか友人の様子が煮えきらない…


今の現状をどうにかしたい・・・

と思ってるのかと思いきや・・・

そうでもない。

その友人の様子を見ながら
ふじたのブログとええタイミングでドッキングし
その友人の煮え切らぬ態度から
ご自身の問題にもリンクしていることに
気がつかれたそうです…

こんなお話は嬉しいですね^^


ここから、先がその方からのメッセージになります・・・
途中抜粋・・・

どうも、なんだかんだ彼女は

「変わりたくない」

根底には子供の為に姑や舅にモラハラされたり
旦那は無関心でも

飛び出せない 

て言ってるわりに、なんたかんだ
自らがモラハラされるように仕組んでるな、、、と。

で、何故か何故か

彼女の根底に潜むものに気づきたくなくて
気づかないふりをしてきた私。。。

でも、今朝気づいちゃいました。
Facebookにシェアしたあと。


そのシェア内容はこちら 
(恐らく、このシェア内容のどこかの部分と
ふじたのブログ内容が
この方の心の中で一本の線で結ばれ
繋がり、、、触れたのでしょう。)

彼女は、虐められても健気になる妻、を演じる事で
自己肯定感を得てるんです。無意識に。
だから、これは彼女が望んでる出来事。

でも、理由づけにされてる子供たちはどうなる?

怒りが湧きます。

そう。小さいときの私の気持ちです。
母は別に姑と同居してないし、
父親は真面目なだけの人。
モラハラやDVもありません。
でも母は父が気に入らないんですね。

マイニチ毎日私に父の悪口を言ってました。

そんなに嫌なら別れれば良いのに
私の為に離婚しないんだと言います。

当時父親は生活力がありましたから
自活したくないし
する勇気ないから別れないんだ、

自分の為なのに私を利用してる。
て感じました。
言語化はできないけど。

で、隣の奥さんは旦那さんにDVされてたようです。

周りはいつも心配して、よく耐えてるわね、

て言ってたんですが、私にはその奥さんは

周りから同情や賞賛を得たくて
進んでそんな旦那を
選んでる
ようにしか見えなかった。

思い出しました。
私は確かに虐められましたが
皆が私をよってたかってキ○ガイ、嘘つき、
て言ってましたが、中には
本当は言いたくないけど
自分が虐められるのが嫌で仕方なく、
心では謝りながら
暴言吐いてる子も何人かいたんです。

私が人の本心より
深い部分に気づきやすい体質を封印したのは、
人の表裏が怖かったから。

ニコニコしながら本心はクタバレ、
て言ってたり。。。

けど、このまま大人になってたら、
まともな精神保てなかったでしょう。

だから良かったのかな。

私は友達仕掛けたゲームに乗るのを辞めにします。

だって無意識に彼女が望んでることなんだもん。

彼女が何かの切っ掛けで気付いた時
何かしら出来ることがあればよいかな、と。

起爆剤は彼女に投げてきたので。

あとはどうするかは彼女の自由かな、と。

先生のblogが切っ掛けで、ここまで思い出しましたよ。

有り難うございます。」





こちらこそ、ありがとうございますm(__)m



これを二次利得、疾病利得、
(言い方は色々ですけどね。)
言うんですわ。

必ずそこには動くに動けない理由がある。


環境が大きく変わることの恐れ。

成長することの恐さ。

決して「今」良い待遇ではなく
不遇だったとしても、、、

だからといって変化することを求めない。

でも、

うだうだうだうだ言い続ける・・・


厄介です(^^ゞ

でも、動かないのには理由がある。

この方のお母さんのように、もしかしたら

一人で働きながらの子育てには自信がなくて、

または
働くことが嫌で、

または
働くこと自体が今までない環境に飛び込むわけで
その恐怖から飛び込めずそこに居続ける・・・

またもう一つ。

自分は変わらずに相手に変ってもらうことを求める。

自分は変わりたくないの。
相手に自分が思う様な人に変ってもらいたいの。

なんで私が変らなければいけないのよ!

私は何にも悪くないのに!!




これもあるかもね・・・



そして、これもある意味コントロールです。

悲劇のヒロインを演じて被害者になって

実は加害者になる。


被害者に見せかけることで
相手に変化を強要する。


ほら見てごらんなさいよ!
私、こんなになるまで耐えて耐えて
そのせいでこんなことになってしまったじゃない!

それもこれもみんな、あんたのせいよ!
あんたが悪いのよ!
誰に聞いたって

「あんたが悪い!」

って言うに決まってる!

だから私が変るなんておかしい!!!

あんたが変るべきよ!!!




夫婦でも、親子でもある話です。



そんなに嫌なら
とっととその場から立ち去ればいい。


(親子の場合
子供は成人に達してる場合ですよ。)



自分が本当にやりたいことが見つかっていない。

その怒りを相手にぶつけて誤魔化す。

自分が自由じゃない。

だから相手も自由だと腹が立つ。

なので、
その相手が自由になろうとすると
必ず邪魔を仕掛けてきます。

自分が自由じゃないのに
相手が羽ばたこうとすると嫉妬するからね。


でも、それでも、振り切って
自分は本当の自由を手にする!
その権利があるし義務もある!

そう決めることです。

他人の人生を生きるなら
そんなことしなくてもいい。

でも、自分の人生に責任を持ち
リーダーシップ取ると決めるなら、

それ相当の覚悟と勇気が要る。

その代り、その勇気と覚悟を持てた人にだけ
初めて生きる喜びを知るんです。

その、「あと一歩の勇気と覚悟」

のサポートするのが私等の仕事なんでしょう^^


今日は

「生きる喜びを知るには自分の人生に責任を持ち、
その為に「勇気と覚悟」を持てた人にだけ。
親子関係から」

ってお話でした。


自由ってねぇ~
そう安くないっすよ!

でも、そこに挑む価値は十二分にあります。


あら、ふじたさん、私はもう結構自由ですよ^^

自由を手に入れています^^

って方はOKじゃないですかね。


でも、それ、ホントに自由ですか?


じゃぁ、なんで怒りが出ることあるの?



あ・・・・また最後に意地悪発言でした!!

 
 
 
本日のアメブロ記事・・・


正義は本当に正義で悪は本当に悪なのか???ある親子関係から・・・|親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ

 
 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^