fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

要ると思っていたけど実際手放したら スッキリしました!死ぬとき持っていけるものって何???

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております
藤田 ちぐさ です。
主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談
(保育士の経験もありますので色々な方向から) 
人間関係など・・・
心が傷ついて考えても
同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、
一度のぞきにいらしてみてください。
お役にたてれば幸いです。
fujita counseling ふじたカウンセリング 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

ふじたカウンセリング ホームページです。
facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 
ふじたカウンセリングFacebook

アメブロ過去記事2020の年12月9日投稿記事より…

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m
ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。
私のブログで何かの助けになれますことをがあれば
大変有難く嬉しく思います。
今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

前回、来年の運気予報
気学講座を受講してきたときのブログにも
 
私はすでに今年の後半から始まっていて
断捨離の連続でした。
 
そしてようやく終盤に。
(まだまだ手放すものは出てくると思うけどね。
とりあえず一番大きなものは
これで終わりですね。)
 
結婚した時からずっと持っていた食器棚。
夫は3年から4年おきに国内転勤のため
「荷物は少なめがいい。」
と思っていたと思うのですが…
 
母が用意してくれていた食器は
無茶苦茶多くて
 

っていうか…仕事しながら

いつの間にあんなに用意してたんかと

今思うと不思議なんですけどね💦

何一つ私は選ぶことなく用意されていたので。)

 

「いったい何人家族になるんだ?」
ってくらいで(^^ゞ
来客用の食器まであって入りきらないので
少し大きめの食器棚にしてたんです。
 
お陰で、どこへ引っ越しても
キッチンは狭くなる(笑)
 
移動続きであっちこっち傷だらけになってね。
思い入れもあったのですが
今年は父が亡くなって
その時に思ったことが
 
「残された者たちが困らないように…」と。
 
(父は母が困らないように
最低限のことはしてくれていたのを見て
そう思ったんですね。)
 
で…
「これは今年中に私もやっておこう。」
と決断しまして。
 
今は奈良に20年ほど前に建てて
転勤中は人に貸していた家に
10年ほど前に戻って住み始めいて
 
リビングと和室の入り口の3分の1を
食器棚が占領してたんです。
 
先日やっと年季の入った食器棚とお別れし
新たにキッチンへ
「収納型の食器入れ」を購入し
普段必要なものをこちらに移しました。
 
image
お陰でリビングと和室を
3分の1占拠していた襖は
開放的になりました(#^^#)
 
(襖は壁の向こう側に二枚とも収まるように
作ってもらったので解放感バッチり!!)
左側にあるこのデスク。
「スタンディングデスク」です。
電動で上下します。
 
☝このボタンで上下します。
 
勿論作ってくれたのは
イケメン息子とべっぴん娘です(笑)☟
二人とも、ありがとう!!
image
 
うんうん
眺めよし!
 
 
カウンセリングは和室です。
セッション中はこの襖は閉めて行います。
今はコロナちゃんで年配の方が多いため
対面は控えておりますけどね💦
 
私の中にあった常識はどんどん非常識化され
非常識のように思われていたものが
自分に対して自由にチョイスして
常識化しております(笑)
 
チャンスが来たら飛び込んでしまえばいい。
結果なんかやってみないと分からんけん。
せやけど失敗したら
またチャレンジし直せばいい。
若いうちにどんどんそれを
恐れずにやってみたらいい。
 
早いうちに沢山失敗したらええ(笑)
 
でも
 
年齢のせいにして
チャレンジに二の足踏むのは勿体ない。
 
必要ならばまた取り戻せばいい(笑)
 
食器棚も電子ピアノも
手放したけど悔いはなし(笑)
 
あ、”これしき”と思ってます?
 
いやいや
 
私にとっては結構大きな決断でした。
 
なんせお気に入りやったしね、二つとも…
 
 
食器棚を解体する時
子供たちが言うてました。
 
「この食器棚かなりしっかりしてる。
きちんとした家具屋さんで
買ってもろたんやな。」
 
おお~
せやろ、せやろ~(#^^#)
 
だからこそ丁寧に
「30年お疲れさま。」
と伝えて出しました。
 
死ぬとき持っていけるものは
ここには何一つないねんよ。
 
って心の中で思いながら(#^^#)
 
ってことで今日は
「要ると思っていたけど実際手放したら
スッキリしました!
死ぬとき持っていけるものって???」
ってお話しでした。
 
物質だけではなく
目に見えない様々な「思い込み」も
多分そうやろう。
でも
ホンマに手放してみようと思った時が来ないと
難しいやろうけどな。
 
父が亡くなって
 
「オカン最近こう思うねん。
ほんで
これからまず手放そうと思うんやけど…」
 
って子供たちに話したら具体的に
 
「それやったら例えばこれを手放したら
こういうものがここに置けて
そしたらこんな風な風景が見える。」
 
っていう提案をしてくれまして。
 
おお~~~
まるでカウンセリングやんか!
って内心思いつつ
 
「よし!それやってみよう!!(^^)!」
 
ってなりました。
 
サポートは誰もに必要やねん。
 
いつも私が言うのはここよ!ここ!
 
ってことで
ほな又な!!💨
 
 
 

~~~~~

 
カウンセリングでは
今まで生きてきた 「出来事」たちによって
あなたの胸に深く刺さったトゲや傷を
私と一緒に勇気をもって抜いたり消毒したり
時には縫合したりして共に治療していきます。
 
そのトゲ、傷は様々な出来事たちのシーンを
ダウンロードされたことによって
思い込みや、信念を埋め込み
選択種が他にないように思いこまされたり
あなたの人生を生き辛くさせたりします。
 
だからこそ、言葉にして語ることで
抑え込んでいた感情も
一緒に吐き出しやすくなり
そこで新たな発見や気づきに出会い
一つ一つ丁寧にひも解いていけるんですね^^
 
一つひも解けば、その分軽くなります^^ 
その一つが大きな出来事なら、なおさらです^^ 
だからこそ、 軽くなりたい方
大歓迎ですぞぉ~~~!!!
 
応援クリックして頂けると喜びます^^
    

 

 

 

ブログパーツ

 

#奈良#カウンセリング#親子#夫婦#人間関係#ママ友#幼稚園

#子育て#育児#悩み#不安#鬱#幸せ#手段#目的#断捨離#手放し#サポート#死ぬとき

 
 

 

 


本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

 

ふじたカウンセリングホームページはこちら☟

www.fujita-soudan-nara.com