fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

本当の意味で人を理解するとは、、、親子・夫婦関係

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております

 

藤田 侑杏恵 (ゆきえ)です。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事2017の年6月6日投稿記事より…

 

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m


ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。


私のブログで何かの助けになれますことをがあれば大変有難く嬉しく思います。


今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

 

「本当の意味で人を理解するとは…親子・夫婦関係」

 

前回の記事で、

DV?モラハラ?どっちでもええけど、 その後の子供の人生に責任もてますのん? 親子・夫婦関係

 

本当の意味で人を理解するとは?

って後半で書きました。

 

今日の記事

色んな意見があると思いますが、、、

 

そして私の記事はそんな色んな意見がある中の一つであるということも頭の隅っこに入れながら

読んでくださるとありがたいです^^

 

世の中には色んな人がいて

十人十色っていうように人それぞれ様々やし

 

全く同じ意見で

全く同じ考えで

全く同じ思いで

全く同じ気持ちで

全く同じ志を

 

持った人ってなかなか、、、

てか居ないに等しいと思う。

 

それは多分育ってきた環境や

またその中で受けてきた経験の違いから

くるものがほとんどだと思う。

 

何かの本で読んだのだけど、、、

 

もう随分古い本だったから

今でもそう言われているのかは分かりませんが

人の人格形成に与える影響って

 

環境6割

遺伝4割

 

やそうです。

 

遺伝の中には先祖代々からくる継承も

私個人の意見だけれど含まれていると思う。

 

それは環境にも含むことも

あるかもしれないけれど、、、

脈々と繋がる血筋は先祖代々やと思うから。

 

 

だからこそ、それを自分の代で

断ち切ることって、、、

本当に困難なことですよね^^

 

 

先日、べっぴん娘から、こんな話を聞きました。

 

高校の現代国語の

大学模擬試験や授業の中で最近

良く目にする内容があると言います。

 

それが

「本当の意味で人を理解するとは…」

という内容。

 

ものすごく長い時間かけて

説明してくれたのですが、、、

 

あまりにも長すぎてここには書ききれないので

ものすごくざっくりになりますが、、、

 

私もべっぴん娘も深く見つめて

沈黙する場面もあったほどです。

 

ざっくりしか書かないので

その部分は省きますが、、、

 

 

例えば

自分の考えと相手の考えが違った時

たいていは

 

「ああ、そうか、君はそういう考えるんだね~。」

とか

「ああ、そうか、君はそう思うんだ~。」

と言う。

 

これは、相手を理解したことになるのか?

 

その国語の問題に出てきた筆者は、

こう言います。

 

「これは相手を否定したことになる。」

 

ここで、べっぴん娘は

「え?私的にはこれ良く使うんだけど、、、

って思ったんやけど、、、お母さんは?」

 

ふじた的には

「時と場合によると思うけど、、、」

と答えました。

 

そのまま話を読み進めていくと、

 

相手の考えの中には、

実は根が深い脈々と続く連鎖があって

それは相手の考えのようで

実は、分からなかったりする。

 

その人の背景を見たとき、

宗教も絡んでいたりするし

戦争も絡んでいたりするし

さらに、国レベルの組織からくる影響も…

あったりする。

 

 

だから、私たちは

相手の考えを理解できない時

 

「君はそういう考えなんだね」

 

と答えることで

表面上は理解してるように見せて

実は相手を否定していることになる。

 

本当の意味で相手を理解するとは

 

「なぜ、そういう考えなのか?」

疑問を持ち

質問をし

相手を知ろうとすることだ。

 

 

 

最終的にはここへ行きつくのですが、、、

 

確かにそうなんですよ。

 

年齢がいけばいくほどに

薄い薄い薄皮で何枚も何枚もの層で覆われた

フィルターは一筋縄ではいかない。

 

その薄い薄いベールを乱暴にはがすのではなく

破れないように、そしてその薄いベールが

その人をここまで何とか生き延びさせてくれて

その人を守ってくれて来たものだからこそ

丁重に扱いながら剝がしていく。

 

この作業は、その人にとって

ものすごく恥ずかしいことかもしれないし

屈辱かもしれないし

ひょっとしたら怒りも伴い

痛みも伴うかもしれない。

 

だけれども、中途半端で終わらせると

逆に気持ち悪かったりするので、、、

押したり引いたりしながら

折り合いをつけて剥がしていく。

それは信頼関係がそこにないとできませんし

クライアントさんの覚悟も必要です。

 

 

 

人を理解する。

 

なんてことは実は不可能だと、私は思います。

それよりもむしろ

 

人を理解しようとする。

 

こっちの方がしっくりきます。

 

そして、私個人の思いですが

 

私 藤田侑杏恵を理解したと

相手から思い込まれるよりも

 

私 藤田侑杏恵という人間を

相手から理解しようとされた時の方が

 

私は安心するし嬉しいのです。

 

だから、

 

夫婦でも親子でも友人でも

 

そうでありたいと、思います。

 

 

べっぴん娘からの思わぬ質問から

基本の基本へと帰らせていただきました^^

 

子供から学ぶ^^

 

実は子供の方から

親がサポートされてたりして💦

 

それはヤバい(笑)

 

今日は

「本当の意味で人を理解するとは、、、

親子・夫婦関係」

でした^^

 

パートナーのことは

我が子のことは

 

私がよくわかっている。

 

時々そんな風に話しておられる方を

外で耳にしていました。

 

最近はそんなフレーズは

私の耳には入らなくなった。

 

それは、そう思う人が少なくなった

、、、のではなく

 

もしかすると、

そういうフレーズに反応してた私が

その時は居てたけれど

今は、反応しなくなった。

ってことかもしれません。

 

それが、薄皮が剥がれて

必要なくなったってことでもあるのです。

 

 

 

反応しなくなるとは

 

不感症ではなく

 

逆に

 

心残りな思いを浄化させたから

その部分に反応しなくなった。

ということでもあります。

 

薄皮は、薄いくせに

重さだけは一人前なので、、、

 

一枚剥がれただけでも、、、

 

随分と軽くなりますよ^^

 

身も心も軽くなりたいという方!

歓迎いたします^^

 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

ameblo.jp

 

 ふじたカウンセリングFacebook

ふじたカウンセリングHP