fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

プログラミングされた過去の呪縛達は人間関係・親子関係さえも壊していく。

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事11月2日投稿記事より…

 

 

※いつもお読みいただき有難うございますm(__)m


ブログをアップしてもここ最近皆さんの所へお邪魔できず申し訳なく思います。


私のブログで何かの助けになれますことをがあれば大変有難く嬉しく思います。


今日も宜しくお願いしますm(__)m

 

「プログラミングされた過去の呪縛達は
人間関係・親子関係さえも壊していく。」

前回の記事は
「怒りの感情の下に隠れている物」
について書いたんですけどね…

怒りの感情の下に隠されている物。それでも、人の生き方に私等は侵入出来ないのです。親子関係。


今日は、その部分を
もう少し踏み込んで行きます。

っといっても今迄にも
何度となく書いてきておりますが(^^;)

具体的な例が最近あったので、、、


私の知人で
私と似たような仕事を
始めた方がおられるんです。


その人は、まだまだ駆け出しなので
とにかく早くクライアントさんが付いて欲しくて

自分の存在を知ってもらたい!
アピールしたい!

って思ったんですよね…


経験がある方もおられるかもしれませんが、
こういう仕事を始めて、HPを立ち上げると、
それはもう見事にあっちこっちのサイトから
お声がかかります(笑)

広告の話です。


ふじたはそういう物には
一切お断りさせていただきながら来ました。


その人はの場合は

「やってみよう!」

って思われたんですよね。


で、掲載してもらいました。


これね、自腹です。

広告掲載してもらうんですから当然ですよね。

でも、名目上は「取材」なんです。

取材関係者に来てもらって、
お金支払って載せてもらうんですね。


で、それをやったら、親族関係に
「やいやい!ヾ(▼ヘ▼;) 」
言われたって話です。((苦笑



取材で身内の話を出したわけじゃない。

それでも、親族から

「世間様に自分の身内がこんな仕事していると
知られてしまったら、とんでもないことだ。
恥ずかしい・・・
顔写真も、名前も、本名を出してるし、
もし、近所の誰かに知られたら、、、」


っと言われたそうな・・・(-_-;)


これな、

この親族達は、

知人に対して
自分たちが
一体、何やってるのか

分かってるんですかね?


って話なんです。

これを「抑圧」言うんです。

この親族達は

一体

何を気にしてるんです?


そして、

それ、

誰の問題?


この親族こそ
カウンセリング受けたらええのにな。

と思います。


この親族が怒りを感じているのは、
その下で、何かに怯えているからですよね?

でも、それ本人によう言わんのです。

そんなこと、気にして心配してるだなんて

言えないんです。

なぜなら、それ伝えることで

「なんて自分たちは人として
ちっこい人間なんだ」

と思われるかもしれない…

その恐怖もあるんですよね…


そして、
当然、烈火のごとく怒りを露わにしたのは
この知人の方でもあります。


やっと、自分の人生を生きようと、
やりたいことが見つかったというのに…

誰かに雇われるでもなく、
家族のサポートを受けながら
一生懸命学び、経験を積み
自分の責任で、自分の自由を得た。

…というのに

邪魔されたんです。


圧力を掛け

「こんな職業は恥さらしだ、辞めなさい。」


直接言わずとも、
中身は言うてますよね?●~*


これを、

「相手の領土に不法侵入した。」

と言うんです。


不法侵入する奴は、

何かを守ろうとしたり、
何かに怯えていたりします。

そして、その人自身が何より
「自由」に生きて来れなかったので、
「自由」を得ようとする奴に対して
怒りもあるんです。

いわゆる「嫉妬」「妬み」ってやつね。

それらを実はひた隠しにしております。


うっとうしぃ~
ですよね~~~(-_-;)


いかにも、

自分らは正当でまっとうな意見を言うてる。

つもりにでもなって

正義の味方スーパーヒーロー!

または、

神様、仏さま~~~

にでも、なった気分です。


あ~~~\(*`∧´)/
その臭いにおいがプンプンしてきますね。


以前にも何度も書いてますけど、

ゲド戦記」を10年近くかけて翻訳された
清水真砂子さんも、
なんだったかのエッセイ集で
書いておられます。

取材でチラリと親の話をしたら、
それが掲載されて
親から連絡が来たと。


「これだから、
物書きの娘を持つと親は大変ね。」



と書いておられました。

まぁ、清水さんの場合は、
怒りを感じたとか書いておられませんので、
ここで書くことではないかもしれませんが、

ようは、何かを守りたくて、
それを奪われる心配を隠すために
怒りを出すんですよね?

知人も、自分が好きで始めたものを
取られるような心配・不安・恐怖から
怒りを露わにした。




当然です。



知人も
自分の人生を守る権利と義務
があります。


どの職業を選択しようとも
この知人の人生なんですから、
そこに付随する人たちを
巻き込んでるわけではない。

それでも「ヤイヤイ」言うのは

職業差別ですよ?


この親族達は昔気質の気質からか、
ねじ込まれた考え
思考
呪縛が
彼らの知性を奪い邪魔している。

それによってプログラミングされた
その思考パターンは
彼らの本当の考えでもなければ知性でもない。

本質はもっと別の所にあるはずです。

でも、それを出さないように
過去のプログラムが

「いっしっし!(笑)」

と邪魔をし、知人と親族の関係を壊している。


呪縛って恐ろしいですよね~~~~



この呪縛によって親族達は
何かに怯え、
不安と恐怖を感じさせられているんですから…




だから、

この親族達こそ
カウンセリングを受けたらええのになと
思った次第です。


今日は

「プログラミングされた過去の呪縛達は
人間関係・親子関係さえも壊していく。」

ってお話でした。


怒りの下にある恐怖

これと直面化できたら、
仲たがいも起きないのだろうにね・・・

その呪縛
その思考パターン
その見捨てられ不安
その劣等感
その物差し

生まれた時から持ってる人なんて
どこにも居ない。


あなたは、それでも、

今 持たされている

その物差しが正しい。


・・・と


言いきれますか?






ふじたカウンセリングfacebook
良かったら遊びにいらしてくださいね^^

リクエストくださる方は必ず一言
メッセージをお願いします。m(__)m

 

 

ふじたカウンセリングHP