読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

妬ましいと傷つけたくなる。教師と生徒。親子でもこの妬みから子供を傷つけるんだよね…

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事12月15日投稿記事より…

 

 

「妬ましいと傷つけたくなる。教師と生徒。
親子でもこの妬みから子供を傷つけるんだよね…」

まぁね、自分がやってることを棚に上げて
良く文句言うよね・・・


って人も居ますけどね…

 

でも、これがね
我が子になるとそうはいかんせん(^^ゞ


彼は小学5年生。(またまた別人 あっ君登場^^)

なかなか やりよる(笑)

教科書を学校へ置き勉しとりましたわい。




で、ある日、体調を崩して学校をお休みしました。


学校をお休みすると
その日に配られたプリントとかね
机の中へ入れられてるんですね。



はい、今回、なんでバレたかと言うと、ここです。

先生が配布プリントを
直接机の中へ入れに行ったことが切っ掛けで
バレてしまった・・・(笑)

(あ、笑うとこじゃないですね…)



翌日学校へ登校したあっ君。

机の中身を見てびっくり・・・



空です。



机の中に入れていた
お勉強する教科書類全て空です。



なぁ~んもはいっとらんに・・・



で、隣の子が そっと教えてくれました。


「先生が持って行ってたよ・・・」




「・・・・・(え?)・・・・・」 お顔真っ青・・・



で、その日は隣の子に教科書を借りて
一緒に見せてもらったそうですが
その間担任は何も言わん。

彼に教科書を机の中に入れていたことに対し
注意するでもなし、お説教するでもなし・・・


そして、更に あっ君に対して

「あっ君、宿題は?どうしたの?(怒)」


です。



宿題のドリル自体先生が持ってってるので・・・
しようがないし昨日休んでたので
宿題聞いてないし・・・



家に帰宅してお母さんに事の次第を
正直に話すあっ君・・・




はい、彼の母親は怒ります。

物凄く怒ります。


勿論ね、教科書置いてったのはアカンとしても、
その後、何も聞かされていない。

お友達が教えてくれなかったら、
教科書先生が持ってったなんて知りようがない。

そして更に、先生自分が持ってってるのに

「あっ君宿題はどうしたの?(怒)」

・・・ってねぇ~~~~

これはないわ・・・


です。




さて・・・こっからはふじたの想像なので
違う部分もあると思いますが…




この先生

腹立ったんだよねぇ~~~



何に?



何にでしょう?






仮に・・・として・・・



先生、もしかしたら
超真面目な人なんかも知れません。

過去から現在にかけて
真面目に生きてきた人かもしれません。

なので、小学生の分際で
(分際・・・っていうのかな。。。)
置き勉するだなんて100年早いわ!

みたいな。。。



そして、そして、 そういう行動を出来る
その行動力に

「信じらんなぁ~~~い!!」

っと思いつつも 

妬ましや~
恨めしやぁ~(あ、幽霊じゃないっすよ!)
憎らしやぁ~

って嫉妬してるんかもしれんです^^;


かも・・・でっせ! かも!!



例えば、こんなことってありませんか?

あるコーチは一人一人の選手の体力を見て
メニューを考える。

勿論、選手に確認とって
出来そうか否かで決定していくんだけども・・・


ちょっと頑張り屋さんだとコーチが決めたメニューに

NO

が言えない。

それどころか

私もっと頑張りまっす!    


みたいな・・・



コーチは本人の想いを汲んで
相談しながら決めていく。

ヤル気をそがないようにね…



で、身体があまり強くないけれど
体力を付ける意味でも入部してる選手には
別メニューを考えて
勿論本人と相談しながら決めていく。



ある日頑張り屋さんの あーさんが
体力のない いーさんのメニューに対して
色々言ってきよった。

「へぇ~今日のメニューこれだけなんやぁ~
私等は調子少々悪くても
いつも通りこなしてるんだけど?
他の人達もみんなそうだよ。」



この裏にあるメッセージは何でしょう・・・


「あんただけズルくない?
同じようにやってるのに
何で一緒のようにやろうとしないわけ???

信じらんない!!」


コーチと選手の間で了解して決めたこと。

言う相手が違いませんか???

こうやって弱そうな者に弱い奴は言うてきます。

文句を言うなら
いーさんじゃなく コーチでしょう?

こうコーチに言えばいい。

「先生、どうして彼女だけあんなにメニューが緩いんですか?
皆は少々しんどくても、頑張ってるのに。
頑張らない部員ってどうなんですか?
私たちは頑張ってます。
頑張っていい部員やってます。
なのに、彼女だけ頑張っていないのに先生から頑張ってる私たちと同じように接してもらってるのっておかしい!
先生、頑張ってる私たちを認めてください!褒めてください!
彼女の前で褒めて認めてくださいよ!」

って、言えればね。

あ、こんな風に思っていないなら言えないでしょうけどね勿論。

であるならば、こっちでしょうか・・・



「先生、このメニュー辛いです。
本当はきつかったんです。
もう少し、彼女のように緩くしてもらえませんか?」




自分もメニューがしんどいなら
言えばいいんです。



それを言えないで、いーさんに?

笑えるわ・・・


人は自分がやりたくもない事をやってるとき
案外気がつかないものです。
この教師も、幼いころに真面目で生きてきたとしたら
真面目にせずに生きてる奴を見ると
腹が立つってもんです。

そして、

妬ましや~
恨めしやぁ~(あ、幽霊じゃないっすよ!)
憎らしやぁ~

って嫉妬する・・・






さて、、、

なんで頑張り過ぎちゃうんでしょう???


何ででしょう???



色々な意味で・・・


何かを埋めるためにでしょうね・・・



その欠落したものを埋めるために
我が身を犠牲にする。


それで、己の人生を生きてるって言えますかね・・・




前回のブログの後半とリンクしますよ~~~

「偏ってるのは
自分が無理しているせい…

好んでやっていないせい…

何かに恐れて
やりたくないけれど
保身保守の為にやっているせい…

かもしれません。


それは
自分を大事にしているとは言わない。」



本当の意味で自分の人生を生きるってのは
相当の「覚悟」が要りますね。



でも、その覚悟なしには。。。



自由は手に入りませんね。

そして、その自由を手にするには もちろん

「勇気」も必要ですね。

世間一般の人達には理解しがたい事実です。


自分が自由じゃないとね
自由な他人を見ると腹立つんですよ。

つまり他人の自由を容認できないってことです。

え?

ふじたさんもでしょう?って?


せやで(笑) それが何か?(笑)


でも、随分軽くなりましたけどね
反応する部分が減りましたからね…


それに、人は完璧じゃおまへんので・・・●~*

お許しを…



自分の問題棚に上げて・・・(^^ゞ (これ私か!!)

今日は

「妬ましいと傷つけたくなる。教師と生徒。
親子でもこの妬みから子供を傷つけるんだよね…」



ってお話でした!!


ああ、だからって、
教科書置き勉を推奨しているわけではありませんので
誤解なきように・・・

ただ言えるのは、
教師側の傷を癒せていたなら、もっと別のやり方があっただろうなと…

そう思ったまでです・・・


 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

 


「気学」 親子関係、夫婦関係においてカウンセリングではどうしようもない時、使う手段の一つです^^|親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ

 

 

ふじたカウンセリングHP

 

 


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^