fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

子育てがしんどい…と感じるなら、 まず、親が自由になることが先ですよ^^」

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談

(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても

同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfー 自分の考えを信じてね・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事10月31日投稿記事より…

 

 

子育てがしんどい…と感じるなら、
まず、親が自由を知ることが先ですよ^^」


昨日のブログでは

「自分を大事に。10代にしゃべり場から。妊娠・中絶を繰り返す10代の子供。親は知らない。」

自分と向き合うって大事ね…


って閉めたんですけどね…


応援クリックして頂けると喜びます^^



時々ふじたのブログを読んでくださった方から
メッセージきます^^

嬉しいっす!!!(^^)!


ただ、個人的な悩みにはお応えしかねるんですね。
私等の仕事はそこと共に向き合うことで
対価を頂いてる仕事なので、
商品をただで差し上げることと
同じになってしまうんです。

なので個人的な悩みには
お応えできないのですが…

その代り ブログで

これ以上書けるか!



ってくらい情報出してるつもりです^^



で、なかでもダントツ一位の質問が、

自分の子供なんだけど愛せない…

ってやつです。



これ多いですね…



そりゃそやろ!って話です^^


親は自分が実際に親になるまで封印していた傷を
子供を産んで育てることで
過去の古傷が思いっきり顔を出してくるんですね。


だって、その古傷である自分の感情は
今迄「透明人間」にされて

「姿無き者扱い」されてたんですからね。


さみしかったんだもん…


これを機に私の心に気がついてぇ~~~



っと封印していたもう一人の自分が
一生懸命アピッテきますね^^




見たって見たって!

知って欲しがってるで~~

その存在!


臭いものには蓋をしろ。

じゃないけれど、
邪魔者扱いされてきてたので
必死こいてアピッテきますね…


この機会逃がしたら
もう、一生知ってもらえやんままになる…

そう思うからこそ危機感感じて必死になります…

出来ることなら、
そこと向き合ってやって欲しいところです…

つまり
カウンセリングを受けてみてもらいたいんです。


あのね、なかなかね
自分一人では難しいもんですよ…

誰かがそばに居て初めて泣けたり怒れたりします。

誰かがそばにいることで勇気が出たりするもんです。



いつだったかのブログでも書いたんですけどね
何もしてもらわなくてもいいです。

ただ、一緒に職員室へ行ってもらって
掃除当番の理科室のカギを取りに行くのに
付いて来てもらうだけでいいんです。

やるのは私よ。
でも、独りだと怖いんです。

誰か仲がいい人について来てもらうだけで、
スイスイできたりする。

それと同です。


子育てって大変でしょ?

一人の人間を自立できるように
サポートして行かなければいけません。

そこにはどんだけの投資が必要や思います?

その為に親は一生懸命働く。

でもね、働きながらも腹が立ってくるわけですよ。

いえね、働いていなかったとしてもです。

自分の時間をどれだけ費やします?って話です。

そして、いつしか
良い親になろう、良い子に育てよう。

こんな子になって欲しい。

あんな子には なって欲しくない。

いつの間にか理想を思い描いて
子供をレールに乗っけてしまう。

または ふとした子供の行動や表情やしぐさに
嫌悪を感じる。

(それ、誰見てるん?って話でもありますね。)


このあたりから子育てがしんどくなる。

イライラ母さん。
おにばば?クソばば?

の始まりでしょうか…



子供に期待しない親は居ない。

期待されない子供は寂しい。


でもね、 


過剰な期待は「邪」でっせ^^

期待され過ぎる子供は親を疎みます。


なぜなら、自分の考えや意思や気持ち、
感情を無視された状態になるからです。

そこに、自由はないでしょう?

自由ってなんざんしょ?


自由の裏には何がありますかね?




その自由を
本当の意味での自由を知らずに
子供は自律できますか?

って話です。




子供はロボットじゃないからね、思う通りにはならん。
ならんけど抑圧を与えることで
強制的に思う通りに出来る時期があります。

その時は子供達は言うこと聞きますわ。
だって無力だからね。

でも、ある程度の時期になると
10倍返しで反撃来ますよ。

それでも、
その反撃を更に強い抑圧を与えることで
無理やり抑えた場合、

大人になってからさらに
大きな問題が浮上する可能性をはらみます。


その時になってから
人生を取り戻そうとしたってもう遅い。



俺の 私の人生を

返してくれ!




っていう子供の怒りはそう簡単に治まらんです。


そこまで 彼らの人生を狂わせた責任、取れます?
って話でもあります。
いえね、これは、
本人が最終的に選んではいるんです。
選んでは居ますけどね、

だったら、あの時期
彼らにどんなやり方があったでしょう?

生きるために、生き延びるために致し方なかった。

今の自分なら 出来ることもね…



さて、今子育て中のお母さんお父さん

そうなる前に、まず親が解放されましょう。

子育てしている親のサポートは必須です。

そして、
本当の意味での自由っていう物はなんなんか
そこを知りましょう^^


まずはそこからですよ!!


ある程度傷が癒えたなら
子供と良好になっていかれます。


虐待していた親も
近所から通報されていた親も
常にイライラしていた親も
子供と対等に向き合えるようになっていかれます。


もし、子育てが辛い、しんどい。

そう思われる方がおられたら、
自分に合うカウンセラーをお探しください。

そして、サポートを受けてみてください。


きっと トンネルから光が射してきます^^


勇気を出して^^

その勇気、私等心理職の人間は
いつだって歓迎いたしますよ^^

 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

 


目論見の「期待」は怒りをかう。抑圧でコントロール出来ても無意味で無駄。親子・生徒・教師|親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ

 

 

 

ふじたカウンセリングHP

 

 


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^

応援クリックして頂けると喜びます^^


ブログパーツ