読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

ヤバイですね…人助けしても犯罪者扱い。 親も子も傷だらけなら社会全体も傷だらけ。

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談(保育士の経験もあります

 

ので色々な方向から) 

 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても同じところに戻ってきてしまうパターンが始まった

 

ら、

 

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfーあなた自身を信じて・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

 

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事10月12日投稿記事より…「ヤバイですね…人助けしても犯罪者扱い。
親も子も傷だらけなら社会全体も傷だらけ。」

今日、本当は下書きしてある記事を
投稿しようとしてたんだけど…

昨日イケメン息子がFBで
こんなん投稿してくれました。

こちらの記事です。↓

「声かけ事案 自転車のライトを点けろ!と忠告をしてくれたおじさんが警視庁のホームページで晒される」

応援クリックして頂けると喜びます^^



この記事を読んだ後、こんな話をしてくれました。


「俺な、
この前自動販売機の前で小さい男の子が
ジュースを買おうとしているところに出くわしてん。
でも、その子な様子見てたらな
自分の欲しいジュースに手が届かへん。

だからな「どうした?^^」って声かけてな

「俺が君の欲しいジュースのボタン押すがええか、
抱っこしたるから
自分の欲しいジュースのボタン自分で押すがええか
どっちがええ?」

って聞いたらな

「抱っこ。」

言うから抱っこしてボタン押さしたってん。
俺が押すのやなくて
その子が欲しいものやから
自分で押したいやろうなぁ~って思ったしな。

で、その男の子

「ありがとう!(^^)!」

って言って バイバイしてん。

で、俺はそのまま帰ろうとしたらや。。。


ちょっと離れた場所から知らんおばはんが
俺のこと怪しげに睨んで疑がうように
じぃ~~~~っと見よる。

俺メッチャ腹が立ったからな睨み返してやった!」





ああ、・・・

やっぱしこの子は(イケメン息子は)
目が離せましぇん…(苦笑)


イケメンが言いたいことは
もう、ここでいちいち説明しなくても
お分かりでしょう。

世の中全体が誰も信頼できなくなっていますね。


最初にリンクした記事もそう。

昔から注意をしてくれる
口やかましい世話焼きの
おじさん、おばさんは居たものです。

そう言われて
「うっとうしい」
と感じる子供も居て
その体験も後々活かされる…



イケメン息子を褒めるわけではありませんが
彼なりに考えて
幼い男の子のサポートを上手くしていると
親の立場でみたときに思う。

その子が欲しいものを
自分の手でボタンを押したいだろう…

と感じて抱っこをして押させてあげている。



でも、このサポートは
社会の傷が一部始終を見ていたにも関わらず
傍で見ていた おばさんは
イケメン息子をいかがわしそうに
疑って見るんです。



サポートをした彼は
今後また似たような場面に出くわしたとき
又同じことが出来るかと言うと…

人によっては出来ない子もいるでしょう。

ここで自信を持って言えるのは

彼は又同じような場面に出くわしたとしても
同じようにサポートするだろう。


と言うことです。



出来なくなったとしても
それはそれで いいのです。

自分を守るために。


出来るとしても、それもそれでいいのです。

自分がやりたいと思えば、やっていいのです。



親としては そりゃハラハラしますけどね(笑)


世の中で毎日のように起きる変な事件たちは
私たちの心に刻まれていく。

刻まれて刷り込まれて浸透し

誰も信頼してはならぬ

という答えに辿り着く。



子供を守りたい。

だから誰も信頼してはならぬ。

知らない人から飴玉貰っても食べちゃダメよ。



と伝えて守ろうとする。



ここで矛盾がふじたの中で発生する。






私等は困った時には助けを求めていいし
助けを求められたら
自分がOKなら応えていいと伝える…



でも事実 怪奇事件は起き続ける。

 




こんなちょっと考えたらわかることまで判断できず

一部始終を見ていたにもかかわらず

通報したり疑ったりする目を持つようになる。



白でさえ黒として

黒と言う前提でみる目しか

持てなくさせられていく。


この見方は、まるで虐待する親を
背景も何も見ずにただ単に

「その親だけが悪い。」

みたいな捉え方をするものの見方に似ている。

表面だけを見て
すべてを見透かしたような気になって
正義の裁判官にでもなったつもり?(笑)

しかも、誤ったジャッジをも

「良し」

としているように見えてならない…



今日は

「ヤバイですね…人助けしても犯罪者扱い。
親も子も傷だらけなら社会全体も傷だらけ。」

ってお話しでした。

上手く言いたいことが言えませんでした。

自分の考えを信じてね。
自分の感じたことを信じてね。

そう言い続けていますけど、

この記事読んで、さて あなたは
どう判断し
どう何を決断し
どう何を感じますかね…



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふじたカウンセリングHP

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^



応援クリックして頂けると喜びます^^


ブログパーツ