読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

どんな困難も乗り越えてきましたでしょう? その時人は光と影を知る。親子・機能不全家族

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談(保育士の経験もあります

 

ので色々な方向から) 

 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても同じところに戻ってきてしまうパターンが始まった

 

ら、

 

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfーあなた自身を信じて・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

 

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事9月27日投稿記事より…

 

 

 

 

「どんな困難も乗り越えてきましたでしょう?
その時人は光と影を知る。親子・機能不全家族

子供は親やその他の環境たちから傷を受ける…

でもそこには「光と影」が必ず存在する…

「光と影」

今日は両方知らないと見えないことがある…

ってお話です。

応援クリックして頂けると喜びます^^


ふじたは自分の傷によって


何は置いても
大人が子供に抑圧をかけるなんてダメ!
絶対ダメ!!


って心の底で思い続けてきたんですね。

でも、それをしてしまう大人に
怒ってたんじゃないんです。

それをしてしまう大人を生産し続けた
この社会に怒ってたんです。



過去のふじたは
我が子がやろうとすることに対して

安全第一!


でした。

段々に自分がゆるゆるになって
子供に任せられるようになって

そのプロセスの中で得たものがあるんです。




私は 子供を信頼していないんじゃないの。
社会が信頼できないの。
だから
子供を信頼できていない母親じゃないんだってば!

私は悪くないの!
この社会が悪いの!!

子供を傷つけないで!
私から奪わないで!
私の宝なんだから!

殺さないで!!!!

社会は犯罪者や!
私から子供を奪い、殺した犯罪者や!!



ってね…

思ってましたので^^;



(お~~~怖いねこの発想^^


おぞましい(笑))




子供を守ることにばかり執着して=
自分を守り切れなかった過去を
埋めようとしていました。


どんな困難も乗り越えてこなかったわけじゃない

そんな自分を捨て置いて



子供も乗り越えられる。

…っと信頼できないし

思えない。








知識の中ではあるんですよ。


光と影。


片方だけが存在するなんてことは
あり得ないですよね?


だから、陰も陽もある。

真人さんが時々ブログで
「振り子」に例えて書いておられますよね。
真人さんのブログ 振り子のように揺れるもの

その「振り子」と言う言葉をお借りするならば…

その振り子の揺れが大きければ大きいほど
感情の波も激しいということ。
振り子の揺れが大きいと感情がしんどい。


振り子の揺れが小さければ小さいほど
感情の波は小さい。

ッと言うことなんですよね。



光も影も両方存在して当たり前。




振り子の揺れは
最初大きくて当たり前なんかも知れません。


そしてやがて沢山の経験を経て
その揺れは小さく小さくなっていく。



でも、生きてるからね

死んだら止まるけど、

また

仮死状態とか麻酔で麻痺させた状態なら
振り子は止まった状態ですね。


でも、私等はちゃんと生きてるからね

揺れはあるんです。



その揺れが小さいってことは
感情の揺れが小さいってこと。


穏やかだよね。





例えば


公園で子供たちが遊んでる。

通りすがりの大人が仕事の休憩に
コンビニで買ったサンドイッチと珈琲をベンチで飲む。

他にも ちらほら大人たちが居る。


おじいちゃん おばあちゃんもいる。


皆 感情の波が違う。


そのうち子供達は危険な遊びを始めた。


仕事休憩の大人は
サンドイッチをほおばりながら黙って見守る。

傍にいたおじいちゃんは 一言声をかける。

「そんなことしてたら危ないで」

それでも止めない子供たちを見て
幼稚園児の父兄が強い口調で怒る。

「さっき注意されたでしょう!
あなたたち聞いていなかったの?!!( `ー´)ノ」


笑顔でその様子を眺めている大人もいる。

遊んでいる真っ最中に
声をかけることが危険だと知ってる大人もいる。

(これはイケメン息子から教わったことです。

「子供は危険を知ってやっている。
危険は分からないけどね。
ただ、その真っ最中に声を掛けられることの方が
危険だったりする。

その声を掛けられた瞬間に事故は起きやすい。」

そうかもしれません…
それを聞いてからは
ふじたもあえて声がけしなくなりました。)


さて
子供達はそこで色々と何かを感じるでしょう。



うっとうしい大人だな~~

あの大人は怒んないのに。

あの爺さんはマシだったな。



…てなことを思うかどうかは知らんけど…(^.^)




何が言いたい?


つまりね、どんな対応がベストかってこと
良い対応も嫌な対応も
両方を知らなければ

使いようが、
活かしようがないんです。


経験は資源です。



勿論
しないに越したことはない経験だってありますとも。

ふじたみたいに我が子を亡くすなんて経験は
しないに越したことはない。

こんな経験は誰だってしたくない。

でも、間違っても

「亡くした経験をしたおかげで○●を得ました」

なんてこと決して言えやんし、言わんけど

でもね、でも、これは間違いないんです。

この事件は家族の誰も悪くないんですよね。


もう時間は戻せない。



大事なのはなんでしょう?



この後たどるプロセスです。





生きていればデカい事件に遭遇することもある。



私等はそれでも、生きていく。


その時 今さらながらに
光と影を感じるんですよね…



この光と影についてはね
FBでもアメブロでも繋がっている達巳さん
メッセで話していたときに
達巳さん から言っていただいた言葉です。

達巳さん とは、なんかあると
メッセで話し込むことがあります^^

カウンセリングではないけれど
いつも助けてくださってる方です。


あの当時のふじたは知識としては知っていた。

ただ、まだそこに
落とし込めていないものがあったんですね。


先日吉本さんから矢野先生の講座を受けて
やっと出た。


やっと承服できた。
矢野先生の講座はホントに分かりやすかった…
吉本さんのお蔭でもあります^^)



インナーチャイルドともご対面できた。
(ここら辺については長くなるのでカットね!)


受け入れ受け取った瞬間ですね。


様々な経験は大切です。

抑圧かける人間も
抑圧かけない人間も
両者が居て初めて心地いい環境が分かる。

(だからって抑圧者を良しとは言っていない。)

片方だけしか知らないと
心地いいのかどうか分からないし
怒っていいのかどうかもわからない。
または
怒りかどうかの認識はなくとも
怒りを沢山ため込むことになる。


それでもね、陰や影だけじゃなく
陽や光 も私等はどこかで見出してきたから
生き延びてきたんでしょう。

その力を誰も持っている。



自分を信頼しましょう^^


どんな修羅場もくぐり抜けてきましたでしょう?
どんな困難もくぐり抜けてきましたでしょう?

その自分の力を認めて
信頼してやってくださいm(__)m



今日は

「どんな困難も乗り越えてきましたでしょう?
その時人は光と影を知る。親子・機能不全家族

ってお話でした。


あなたの考えを、感じたことを信じてね^^

ちょっとここでお知らせです。

ふじたは10月から来年1月まで
セラピストの為のセラピストから
セッションと学びを受けることにしました。

その為今迄以上に
ご予約が混み合う可能性がございます。

ですが、それは今まで以上に精進して
セッションでお返しができたらいいなと考えております。

ご理解くださいますよう宜しくお願いしますm(__)m

今の時点での
 ご予約状況はこちらです。

申し訳ございませんが
10月はもう空きがほぼございません。
継続の方がありがたいことに増え、
新規の方を受け入れることが困難な状況にあります。
その為、
新規の方は2か月待ちの方も何名かおられます。
それでもご予約いただき
ありがとうございますm(__)m

11月であれば若干まだ空いております。
早めのお問い合わせを宜しくお願いしますm(__)m

いつも長いブログをお読みいただき
ありがとうございますm(__)m

感謝!!



本日のアメブロ記事…

 

 


授業を聞かない生徒に制裁を与えることしか浮かばないのは、その教師の問題。これ親子でもあるよね。|親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ

 

ふじたカウンセリングHP

 

 

 



ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^






応援クリックして頂けると喜びます^^




ブログパーツ