fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

ご先祖様はお墓にはいない。昨日出会ったあるおじいちゃんの言葉から…

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談(保育士の経験もあります

 

ので色々な方向から) 

 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても同じところに戻ってきてしまうパターンが始まった

 

ら、

 

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfーあなた自身を信じて・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

 

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事8月27日投稿記事より…

 

 

本日のお題

「ご先祖様はお墓にはいない。
昨日出会ったあるおじいちゃんの言葉から…」

(今日のお話は宗教がらみじゃありません。
ある方が80年以上の人生を歩んできて
その中で感じ得たことを そっと聞かせてくださった…

そんなお話です。)



応援クリックして頂けると喜びます^^

 



昨日は子供達、夏休み終盤に入り
足りなくなった文具を買い揃えに
午前のお仕事が終わった後
速攻で車で30分くらいの所にある
ショッピングセンターへ行きました。

子供達が必要な文具を見た後、
本を見てまわることを知っているので
時間潰しにそこの本屋さんに隣接しているカフェで
ふじたは家から持参した本を読みながら
待っておりました。

偶然隣の席で
おじいちゃんくらいの年代の方、男性3名
何やらお話を楽しげにされています。

その中のお一人の方が、
ちょうど ふじたが幼いころ
毎週のようにお泊りをしに行っていた
母方の祖父にそっくりの方がおられて…

祖父は事故で84歳だったかな
亡くなったんですけどね…

とっても達者で自転車で一時間かかる距離を
自家製の野菜やお米を積んで
よく来てくれていました。

お泊りに行くと
おじいちゃんが「桃太郎」の話を必ずしてくれて、
いつの間にか寝てしまって。。。




そんな祖父と、とてもよく似たおじいちゃんが
ふじたに話しかけてきたんですね^^


「お連れのお友達はなかなか来ないね。」

「あ、・・・いえ、子供達なんです^^
         多分本を見てて…」

「ああ、そうですか^^」


そんなやり取りをしたんですが、
そのあと、直ぐにまた話しかけて来られて(笑)


これをくださいました^^





手描きです。

今朝描いたばかりだと言っておられました。

は80代。

絵は70代で独学で始められたそうです。

なんと、ご一緒されていた方々は
ある有名大学の名誉教授。

新聞にもコラムで掲載されてる方でした。


この絵をくださった方も
有名大学へ自力で行かれたとか。。。

戦後すぐの時代に
中学二年から働きながら学校へ行き
大学まで行かれた。

あの時代で言えば相当大変だったでしょうけれど…

今、ご自身の好きなことをしながら
本業もされている。


今日はこの絵をくださった神山様
(ブログに掲載する許可をいただいております。)
ご縁があって出会わせていただき
その時に聞かせていただいたお話を一つ
シェアしたいと思います。



ご先祖様はお墓には居ない。


って話です。


いえ、これは一つの考え方だと思って
お聞きくださいね。


ご先祖様はお墓にはいないんだよ。
あなたの体の中に居るんだよ。
この絵を見てごらんなさい。
体の中に沢山のご先祖様がおられるんです。

そのご先祖様に守られて生きている。

生まれてから今迄一度でも
物が言えるその口に感謝しましたか?
物が見える目にも、聞こえる耳にも、
一度も休まずに働いてくれている心臓にも、
感謝したことありますか?

あなたの体の中に居るんです。
ご先祖様はね。


そんなお話をしてくださいました。

これね、極論を言いますと、ふじたの場合は
ホッとする言葉でした。

なんで?


転勤族のふじたにとって、
我が子のお墓参りはなかなか行けないものでした。

なのでいつもふじたの両親にお願いしていた。

(お墓参りしなければいけない。
…という呪縛からではないんです。
お墓参りしたいけど
遠すぎて諦めていたということです。)

仏さんにはね、家にあるから
手をあわせることが出来るんですけどね^^


あ、誤解しないで下さいよ。

ふじたは宗教家ではないので(笑)


ただ、愛する者を亡くした家族は
いつも一緒に居るような感覚があって…
でも、お墓にお骨はあるわけで…



でも、これね、もう少し話を踏み込むと、…
時々ある人から言わせると

良くないことが立て続けに起きた場合
それは先祖の祟りだ…

とかね、言う人も居たりするでしょう?


けど、それも、自分の中に居ますよって言われると
何となくですが、
ああ、それはあり得ないわ

って思えません?


祟りとかありえないでしょ?(笑)

いつだったかのブログで書いたと思うんですけど…



これこれ、ありました^^

「良い子じゃないとご先祖様は怒って罰を与えるの?・・・それおかしいやろぉ~~~^^;」 


そんなにレベルの低い次元の低い人が
あなたの先祖なの?

って話じゃないですか。


確かに生まれてきたときには、
すでに脈々と続く先祖代々の傷や
呪縛も背負って生まれてきたかもしれない。

そういう意味では、それが祟りなんでしょう。

けど、それもこれも自分の中にあるのであれば、
断ち切ることも可能だってことになる。

勿論背負ったまま生きたければ
それもOKですけどね。



なので、このおじいちゃんに

「ご先祖様はあなたの体の中で一緒に居て
いつも守ってくれて居ますよ。」

って言葉はふじたにとっては
ある意味ホッとする言葉でした。



「自分のお子さんであっても
この子はご先祖さんになるんですよ。」


霊園の方に言われた言葉です。

その先祖が
私の中に一緒に居ますよ^^

っていうのは ホッとした言葉でしたね…

彼を手放したくないのではないんです。

もう手放しているけれど、ホッとしたんです。

う~~~上手く説明できないね^^;




自分を大事にしてくださいね^^

って時々書きますやん?

それってね、こんなことかもしれません。


寒い冬を過ぎると花が咲く。

夏になって若葉が茂る。

秋になると紅葉し落ち葉になる。

落ち葉は肥料になって土にかえっていく。

寒い冬を越してまた春が来る。


私等はその 今、花が咲いてる段階 なんでしょう。

今世で花を咲かせて やがて土にかえる。


誰の人生です?


自分の人生。

(これも ふじたが 耳にタコができるくらいに
言ってきている言葉ですよね。)


その為に生まれてきたんです。


自分の花を咲かせるために生まれてきたんです。

誰かに気に入られる花になる為ではなく。

誰かの為ではなく。

自分の為に…です。


その自分を大事にしましょうか^^

自分を大事にできる。

そんな自分、

結構 行けてますやん^^




ちょっと、
昨日お話ししてくださった神山様のお話から
ずれてしまったかも知れないけれど…


ふじたがお聞きして感じたことを書いてみました。

神山様

ありがとうございましたm(__)m

今日は

「ご先祖様はお墓にはいない。
昨日出会ったあるおじいちゃんの言葉から…」

ってお話でした^^


神山様から ご住所 電話番号など
頂いております。
個人情報なのでここでは掲載しませんが
絵は欲しい方にプレゼントされているそうです。

ご希望がありましたら藤田まで連絡をくださいまし。

神山様にお伝えしますので^^


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のアメブロ記事・・・

 


この子嫌だわ…子供を見て親に限らず 先生と呼ばれる人も含めて感じた時 それがある意味チャンスです|親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ

 

ふじたカウンセリングHP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふじたカウンセリングfacebook 
良かったら遊びにいらしてくださいね^^

 





 

 

応援クリックして頂けると喜びます^^

 



ブログパーツ