fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

抑圧者(例えば、親・上司)は実は孤独である。傷を擦り付けたって何も解決しないんだけどね…

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談(保育士の経験もあります

 

ので色々な方向から) 

 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても同じところに戻ってきてしまうパターンが始まった

 

ら、

 

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング 

 

 

-believe in yourselfーあなた自身を信じて・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

 

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ 

 

ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事7月31日投稿記事より…

 

 

 

 

 

 

本日のお題「抑圧者(親・上司)は実は孤独である。」
昨日のブログでは上司と部下まで書きました。

その続きになります。
これ、親子の場合も含めて見てみましょうか。


応援クリックして頂けると喜びます^^

(この記事は2013年10月13日に投稿した記事を加筆修正したものです)

例えば
おやつや、御昼ごはんの後片付けを
頼んだとしましょう。

頼んだのだから、任せておけばいい物を
「すぐに」取り掛かってくれないと
怒りだす親…(監視している…)

仕舞には
「もうええわ!!私がするから!!」
と怒りながら片付け始めてしまう…

親の機嫌が悪くなり
その様子を見ながら自分自身不快感を感じる。


または、親が片付けたりしないものの
何度も繰り返し以下のセリフを言われる。

「はよう!片付けてや!!」


または他の家事をしながらも
何度も片付けたかどうか様子を見に来る。

(ここでも監視し続けている…)

この行動が、子どものやる気を失くさせ
反発心を起すのかもしれません。

そして、言うに言えない子供たちは
内心こんな風に毒を吐いてるかもね^^;


この糞ババァ~
なんでお前が母親やねん!
お前みたいには絶対になりたくないわ!


親の顔色見ながら過ごさねばならない苦痛…



保育士をしていたころ
最初の園ではワンマン経営の人で
監視がすごくきつかったです。

そして、園長の思い通りの保育士にならなければ
遠くから睨まれたり
お気に入りの保育士を自分の身の回りに置いて
差別化したりして

すごく やりにくかったのを覚えています。

仕舞には食べれなくなって入院しましたけど^^;

あの時は
「負けたくない」という想いだけでやってましたね^^;

でも実際は
逃げるに逃げることが出来なかったんだと思います。
フリーズ状態ですかね…

朝は7時前にはに出勤して
運動会前なんかの行事前は
帰宅が夜中2時とかで
フラフラでした^^

なんで、直ぐやめなかったか…
「根性がない。」
とか言われたくなかったんだとも思います。


「体力も能力のうち!」だとか言われて
入院しても お見舞いにも来ませんでしたね。

当然辞めましたけど…


この園長も人をコントロールしようとし
支配下に収まらないと 
あの手この手で言う事を聞かせようとしました。

そして、自分の言う事を聞かぬ者を 

もっとも実は恐れてもいました。


自分の支配下に収まらない者同士が
手を取り合わぬよう

監視し
分断させようと 必死になりました。


出勤時間、退園時間をずらさせ
共に行動できなくさせました。

ですが、それでも、仲のいい保育士どうしが
近くのカフェで退園後 待ち合わせたりすると
ヒステリックになって翌日は当たられて大変でした。

(チクる人がこれまたいるんですよ~
尾行とかされてたんかしらね…^^;)

実は、抑圧者は、孤独だったりしますね。


昨日のブログの一番最初に書いた事務局の人間は
本社または支店命令または指導者からの要請で
来ているだけだし

「お教室を閉める」と宣言した先生は
生徒が自分から離れていくことを恐れている。

そして事務局に宣言することで
新たなお教室を用意しないよう抑圧を掛ける。

(自分への自信のなさ
生徒との繋がりの薄さを
実は気が付いているのかもしれません…
更に言うならば
自分自身が自由じゃない分生徒たちの自由も縛る)

事務局に ふじたが話した件は多分

普段着、エプロン、採点

そんなの
事務局のする仕事じゃない。
という刷り込みがある。

だからアシスタントの言う事など、まともに聞けない。
…のかもしれません…

上司と部下の場合は
上司には更に上の上司からのノルマを
課せられているからかもしれない。

だからこそ、表面上は任せたとか言いながらも
気になって仕方がなく、
部下が失敗することを恐れる…
なぜなら、自分の身に降りかかってくる上司からの抑圧が怖くて…
こうして、上司と部下の分断が起こってしまう…
手と手を繋げない、繋がれない…

そして
親子の場合…これが一番メインです!

世の中の抑圧からではないでしょうか?


親は、今、子育てを楽しんで出来る状況に
ない
気がします。


子どもをまともな大人に育てなければ
世間から責められるのは親です。


とくに母親が!!です。
(そもそも、まともな大人って どんな大人やねん…^^;)


言う事を良く聞く 素直な良い子ちゃん。

世間からも ええこやなぁ~言われるように。



はたして、そういう人間を育てることが
目的なんですっけ?


自分の人生を生きるために
生まれてきたんじゃなかったのか?

でも、それをさせてもらえなかった大人たちは
その怒りを子供に擦り付けてはいないだろうか…




あ~~頭が痛くなってきました…(嘘です^^)

もう、あなたはご存知ですよね^^


抑圧者の見捨てられ不安からくる孤独への恐怖。

その恐怖を感じたくないが為に
見捨てられ不安を弱き者に擦り付けることで
支配者で居続け 力が自分にはある。

と、思いたい。

自分の中に隠し持つ怒りや恐怖は
本当はあなたの物ではないはずです。





あ…




また痛い記事になってしまいました^^;


今日は

「抑圧者(例えば、親・上司)は実は孤独である。
傷を擦り付けたって何も解決しないんだけどね…」

ってお話でした。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

 


親子関係 こんな先生みたいな人が親だったらね~^^ 目を瞑ってやらんとイケンこともありますわい。|親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ

 

 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^



 

応援クリックして頂けると喜びます^^

ブログパーツ