fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

子供の将来が心配。表面上は子供を信頼していないようだけれど…ホントは誰を信頼できていないのか?

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 夫婦関係カウンセリング 親子・育児相談(保育士の経験もありますので色々な方向から) 

 

 

人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、

 

 

一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング -believe in yourselfーあなた自身を信じて・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

 

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ ふじたカウンセリングfacebook

 

 

アメブロ過去記事5月20日投稿より…

 

 

 

 

 

保育士をしていた頃は
「おおきくなったら 
せんせいを およめさんにする!!」

と言ってくれていた園児さんも
いましたっけねぇ~~~(笑)

彼らは今頃大学生以上の年齢になってしまいました。

保育士になった人もいます。

そうそう、警察官になった彼もいましたねぇ~~~

彼は奈良県外で職務に就いたので

「なんで、奈良ちゃうねん。
そっちにいても なんかあったら案常用頼むで~」

って冗談で話したことがありましたわ^^

美容師になった人もいましたね…

教師になった子もいました。


今日は

「子供の将来が心配。
表面上は子供を信頼していないようだけれど…
ホントは誰を信頼できていないのか?」

っていうお話です。


先日 お教室へ行きますと 
いつもは別の曜日に来る高校生の青年が
先生に用事があると言って来ました。

あいにくその時間は先生はお教室に居なかったので
帰ったんですけどね。


彼は美容師になるために
県外の学校まで通っています。

ふじたが彼の大きなカバンを見て感心していると

「先生持ってみる?」

って言うので持ってみると結構重い…

こんな荷物を毎日持って電車で通ってるんだ。
彼は受験生の頃ホントやる気なくてね。。。
いつも寝てた(笑)

やりたいことがあるのに
普通科に進むべきなのか

それとも貫き通して
美容師の学校へ行かせてくれと
親と交渉するか…

悩んでいたのかもしれませんね。。。
あのころは…


でも、今は
はつらつとしててかっこいい^^
好きなことしてるせいか
すごく顔が大人に見えましたわ。


カバンの中身を見せてくれた。


美容師になるためにはカットの練習が必要でしょう?

なら分かりますよね?

頭です。頭が入ってました~~~~

お教室の生徒たち ビックリして
でも、ワクワク~~~~^^


すると幼児さんの一人が

「せんせい…こわい~~~」

後で聞けば お母さん美容師さんで
おうちのある部屋に いくつもこんなのがあって
その部屋は お仕置き部屋になってるとか…^^;


慌てて青年カバンの中へ引っ込める(笑)

 

帰り際 彼とお約束^^

「カットができるようになったら 
   先生第一号にしてや!!」

すると

「ええよ!!カットしたるわ!3年後やで!」

「よっしゃ!約束な!!」

 


嬉しいねぇ~~~

第一号にしてくれるだなんて^^

 

他にもいますよ。

作家になりたいって言ってる生徒さん。

もし 本を出版するとことが決まったら
私に真っ先に電話で知らせてくれるそうです^^

なので 電話番号交換しました。

 


さて、ここからはいつものブログ。

将来なりたい職業がある人はいい。

でも、まだ自分は何になりたいのか
何がしたいのか決まっていない人も沢山います。

それでもいいんです。

今は まだ見えないけれど
繋がってる道を歩いてることだけは間違いない。

間違いないけど
見えていないから怖いし不安なんですね。


人は見えない者を恐れる。

例えば 幽霊とか 亡霊とか (笑)


先祖のたたりとか
(そもそも
そんなに自分の先祖は次元が低いのか^^;)

 

ちょっと話が脱線しましたが…

 

見てる側の親は子供の将来を思うと
心配してみたり
コントロールして
無難な人生を歩まそうとしたりしますが…


(ふじたのイケメン息子なんか
40代で世界放浪の旅に出たい
とか言ってますからね(笑))


ここで ふじたの言葉を使うより
10代のしゃべり場で出た子供たちの言葉を
シェアしましょうかね^^


「とにかく 黙っててくれ!って思うね。
黙ってくれてたら安心してじっくり考えられるのに
ごちゃごちゃ言うてくるから
自分の人生やのに投げたくなるんや」

「そうそう!あんたの人生ちゃやろ?
って いつも思う」

「自分が生きれなかった人生を
子供使って生きようとしないでほしい」

「跡継ぎ跡継ぎうるさいねん!
ご先祖様に申し訳ないとか…
何 怖がっとんねん!」

 

 


ああ…耳が痛いね^^;

ようは 見守っててくれ!


ってことなんでしょうね…

 

そうは言っても
仕事見つけて働いて自活してもらわないことには
親だって死んでも死に切れんもんねぇ~~~

 


はぁ~信頼とは 一体 …


この場合
誰を一番信頼できていないんでしょうね???

子供を信頼できていないんじゃないですよね?


はい、誰でしょう?

 

今日はここまで^^


ちょっと意地悪だったかな???

 

 

 

本日のアメブロ記事…

子供の気持ちを理解するって親にとっては至難の業ですよね^^;分からなくて当たり前なんですよ~^^|親子関係・夫婦関係の悩みを良好にし笑顔にするカウンセラーのブログ


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^