fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

障がいのあるお子さんを持つ親子への心無い言葉。バスの運転手と乗客から・・・

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 離婚・修復カウンセリング 親子・育児相談(保育士の経験もありますので色々な方向から) 人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング -believe in yourselfーあなた自身を信じて・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

facebookへも遊びにいらしてくださいね^^ ふじたカウンセリングfacebook

 

 

 

以前に「障がい者?健常者?よぉわからへんわぁ・・・」のブログで

障がい者と健常者について記事を投稿したのですが・・・

そのこととリンクする記事がfacebookのお友達がシェアしてくださっておりました。

先日の「幼い子どもがおられるお母さん、お父さん、世間の「抑圧」に巻き込まれないでくださいね」でも書きましたバスの運転手さん。

こちらでも別の運転手さんだと思いますが、活躍されておりました。

10歳の息子さんがある病気で車椅子生活をしており、いつものように

通院後バスに乗り込む時に運転手さんが声掛けしてくださり、

場所を開けてくださったのですが、その為に立たされた人が

むかついたらしく酷い罵声を浴びせます。

・ぶくぶく醜い

・何で税金泥棒のために立たされなきゃならないの

・補助金で贅沢してるくせに

・役に立たないのになんで生かしておくかなあ?

それもこちらに言ってくるのではなく、雑談のように数人でこそこそ。

それがまだ小さい子連れの母親のグループだった。

息子が気付いて「お母さん降りようか?」

と言ってくれたんだが、実は耳が聞こえにくいため、

声が大きく発音が不明瞭な息子に今度は普通の声で「きも!」

と言われたよ。

あまりのことに切れて「何か息子の件でご迷惑でも?」

と言ったら、笑いながら「何か?だってwwうけるwww」

と嘲笑された。


さらに「うちは娘だから、あんなのに目付けられたくない」

「アタマがないからレ●プされても泣き寝入りだもんね~」

とも言われた。

さすがにもう降りようとしたら、運転手さんがバス停に止まって

「えー、奥さん、ここで降りてください」と言われる始末。


『あーもーいいや、苦情だけ入れて二度とこの路線使うもんか』

と思いながら車いすを外そうとしたら

「あ、お母さんじゃなくて」と私を見て運転手さんが続けた。

「後ろの奥さん方、あなた方が乗ってること自体が他のお客さんに迷惑ですので、こちらで降りてください」

後部から「さっさと降りろ!うざいんだよ!」
「食べこぼしは片付けて行きなさいよ!」
「ほらさっさと行きなさい!」との声が聞こえてきた。

私の息子の時も必ず私の背中を支えてくれた方が居て救われたのを

思い出します。

けど、この罵声を浴びせた親子の親も、ある意味被害者でしょう。

そういう見方をすることをどこかで受け取ってしまったか拾ったか・・・


障がいを持つお子さんを子育てすることは 

すごく勇気と覚悟が必要でしょう・・・

そういうお子さんを持たない人に理解を求めることは

すごく困難で(私もそうでしたから、・・・)繋がりにくいと感じますね。

幼いころから私たちが ごくごく普通に日常で交流できていたなら

又違っていたのではないかしらね。

適切な手と適切な距離と適切な言葉。

これは難しいですね。

本当はお互い 

知りたいと思ってるし、



傷が邪魔してなかなか困難ですけどね・・・

ふじたカウンセリングfacebook 良かったら遊びにいらしてくださいね^^