fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

過去は変えられない。でも、意味を変えることは可能かもしれない…

星を頂いたり、読者登録をしていただいたり、ありがとうございます^^

 

私は実はこのブログの使い方あまり良くわかっておらず、説明を見ればいいのですが

 

その時間もなく、日々アメブロで書いているブログをこちらでもアップすることが精一杯です。

 

星をくださった方、読者登録してくださった方のところにお邪魔させていただくことで

 

お返しさせていただいております。

 

申し訳ありませんが、先にその旨ご了承願います・・・

 

 

 

奈良県生駒市で 家族問題カウンセラーをしております。

 

主に 離婚・修復カウンセリング 親子・育児相談(保育士の経験もありますので色々な方向から) 人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、一度のぞきにいらしてみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング -believe in yourselfーあなた自身を信じて・・・

 

 

ふじたカウンセリング ホームページです。

 

よく、相手は鏡・・・と言いますが・・・

認めたくないのですけれど・・・

事実なんですよね^^;

一緒にいて居心地がいい、

 

安心できる人っているじゃないですか・・・

 

そういう人は自分に対して受容してくれていて、

 

決して自分を攻撃してきたり

 

傷つくことを言ってきたりしない人で

 

その人を信頼できるから、安心するのでしょうね・・・

 


でも、理由は分からないのだけれど、

 

この人と一緒にいると、なぜかイライライする。とか、

 

責めたくなる。とか、

 

困らせたくなる。とか、

 

無理なことを押し付けたくなる。

 

 

 

又は逆に、

 

同じ部屋にいるだけでビクビク、オドオドして怖い…とか、

 

いつ攻撃されるか分からないと思っている自分が居る。…

 

ってなことが起きることもあると思います。

その相手って、よくよく見てみると、

 

自分の幼いころの嫌な部分に似ていたり…

 

過去の自分に対して

 

嫌なことを言ってきたあの人に似ていたり、

 

その、嫌な人の顔や性格や仕草と似てるってだけで

 

「いやぁ~~~~~~~!!!!」

 

っていう感情が湧いてきて

 

どうにもできない・・・ってね^^;

 

そして、これらの感情を感じているけれど、

 

どこからの物か分からないので、

 

取りあえず、そこには向き合わずに、

 

その瞬間の時間が過ぎ去るのを待って、やりすごす…

 

でも根本的な解決には至っていないので、

 

永遠にエンドレスで繰り返すんですね…

 


これがストレスとなって、

 

「この人といるとしんどいから、逃げちゃえ~~~」

 

となる。

 

つまり縁を切るんですね^^

逃げるのもありですね^^

そうやって、対処療法することも大事でしょう。

ただ、一時的にはそれで良くなるのですが…

 

恐らくまた別の方が目の前に現れます。

なぜなら、その部分について

 

解決されていないからなんですね・・・^^;

そこを解決できていれば、もう同じ感情は湧かないし、

 

ホントの意味で楽になれます。


ここなんですね。

夫婦でも、親子でも、お互いが感じているんですね。

親子の場合は、

 

自分の幼かったころと重なるところにリンクして

 

反応することもあるでしょうし・・・


虐待などの場合は、

 

自分がされてきたので他の方法が分からずに…

 

そして それが「躾」だと叩き込まれた場合、

 

「その躾は間違っているよ」

 

と言われても理解できないんですね。


じゃぁ、他の方法ってどんな方法やねん!!

 

教えてくれ!!

これが本音でしょうね…

 

だって分からないんだもん、受けていないんだもん。

また、自分自身がとっても孤独を感じている場合…

 

弱きものにあたってしまうこともあるでしょう・・

結婚して嫁いで同居で…

 

となれば唯一の味方はパートナーです。

でもそのパートナー自身が

 

家族機能不全のなかで育った人であると、

 

なかなか嫁の味方に付くことは困難でしょう…

 

お互いが助けてくれ…と言ってるようなものです

 

人にはその背中に歴史がありますね。


その歴史を知ることで

 

相手とどう向き合えばいいか分かるかもしれません…

そして、その相手の歴史と自分の歴史は

 

リンクする部分があっての今の感情の反応です。

 

そこを見つめていくことで

 

相手との関係が変化するかもしれません・・・

ちょっと大雑把な内容なので

 

分かりにくいかもしれませんが…

自分が相手に対して、例えば…

我が子であろうが、パートナーであろうが、

 

ご近所さんであろうが、上司であろうが、

 

どこかのお店の人であろうが、

 

とにかく相手と向き合ってる時に

自分の感情が動いた時、

それは自分の歴史に振れる部分があってのこと…

 

ということです。

でもね、そこへ行こうとすると

 

「覚えていない」っていう人が多いんです。

 

覚えていないのではなく…

 

透明にしてしまって見えなくしてるだけで

 

実際は存在してるんです。

 

存在してるから、反応して感情が動いてるんですね。

ここと向き合うとき、

 

過去を穿り返して、どうなるんよ?

 

って思うかもしれませんが…

 

この行為は決して後ろ向きな行為ではなく、

 

むしろ前向きな行為だということを忘れないでくださいね。

過去は変えられない。

でも過去の意味を変えることは可能かもしれない…

チャレンジですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^