fujita2011counseling's diary

主に親子関係、夫婦関係、に関する内容をブログでアップしています。

謝罪

奈良県生駒市で 離婚カウンセラーをしております。

 

主に 離婚・修復カウンセリング 親子・育児相談(保育士の経験もありますので色々な方向

 

から) 人間関係など・・・

 

心が傷ついて考えても同じところに戻ってきてしまうパターンが始まったら、一度のぞきにいら

 

してみてください。

 

お役にたてれば幸いです。

 

fujita counseling ふじたカウンセリング believe in yourseif -あなた自身を信じてー

http://www.fujita-soudan-nara.com/

 

多くの場合、「先生」と呼ばれる人,

又は会社の上司はプライドが高い人が多いみたいです。

ですから、例えば自分より下だと思ていた人が、実際は自分が思っていたより知識があったり、力があったり、人気があったりした場合、認めたがりません・・・

ですから認めたくないから、叩き潰し、こき下ろしたくなります。

「お前には力などないんじゃ!ボケっ」っと言い放ち、相手のメンタルをぼろぼろにしないと気がすみません・・・

時には、それは脅迫にも変わります。

「お前みたいなやつは いづれ○○になるぞ」


っと抑圧を与えます。

与えている本人は気が付いているのかどうか知りませんが・・・


それは

嫉妬からだったり

妬みからだったり

恐怖心からだったり

焦りからだったり

しますね・・・

これは親子関係でも言えますよね?

親は子どもが自分を超えていくことを あまり歓迎しない人が結構多いですね。

特に今まで子どもをコントロールしてきた親であれば、子どもが自分を超えていくことを恐怖と不安で一杯で、許せる気持ちになれないんですね・・・

ですから、体の大きさは負けても、別の所では親の権力を保とうとします。

それはまだ経済力もない若い息子や娘に対して勃発しますね・・・

自活できない若い我が子に「無力感」を与えて、黙らせるんですね・・・

そうすることで何とか自分の威厳を保とうとする・・・

例え自分が間違ったことを言ったとしても、他の家族に「自分は正しいよな?」・・・と同意を求める。

同意を求めた時点で「自信がない証拠」になるのですが、本人はそういうことは思っちゃいない。



間違ったら謝ればいい。

自分より年下年上関係ないですよね?

謝れない大人は「無様です」

謝れる大人は「潔くてかっこいいです」

そこを

「謝ることはかっこ悪くてみっともないこと」

「謝ることは恥」

「謝ることは負けを意味する」etc・・・

っという「すりこみ」から皆素直に謝れないようになってしまったのかもしれません・・・

ふじたは「己の非を認めて謝れる大人は潔くてかっこいい!!」

っとい思いますね。

逆に「謝れない大人は恥ずかしい大人です。」

あなたは自分のお子さんに、非を認めて謝ること できていますか?

もし、謝れているのなら、あなたのお子さんは自己肯定感をちゃんとお持ちでしょうね・・・

素敵なことですね^^